横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流


ものづくり日本の源流を訪ねる
横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流





第8章
観音崎灯台――日本初の洋式灯台


東京湾の入り口を見下ろす観音崎灯台


(1) 観音崎灯台――外国から求められた灯台づくり

■日本にできた洋式灯台の第1号
開国とともにやって来る外国船にとって大きな問題は、流れの速い東京湾入口の狭い航路で、夜間に正確な位置を知りたいということだった。そのため灯台の建設が求められていた。

日本で初めて洋式灯台が建設されたのは、明治2年1月1日。浦賀水道を望む観音崎に横須賀製鉄所の技師ヴェルニーとフロランによる煉瓦と石灰の白塗装の灯台だった。

作られた当時の観音崎灯台は、高さ19メートルでコンクリート造りの8角形。海から40m弱の丘の上にある日本初の洋式灯台だった。
この灯台は、いま日本の灯台50選に選ばれている。

観音崎灯台に行くには、車で国道16号線を下ればいいが、バスならばJR横須賀駅か、京急線の汐入、横須賀中央から観音崎行きバスを利用するのが便利だ。
あるいは逆に、浦賀から観音崎行きのバスでもいい。終点の観音崎一帯は神奈川県立公園になっている。

灯台まで高さ40m弱、海沿いの遊歩道と山道を、30分ほど歩くことになる。途中、砲台の跡もあるので、ウォーキング気分で時間をかけて楽しむといいかもしれない。

1859年に横浜が開港してどっと押し寄せた外国船にとって、最大の課題は房総半島との間わずか6.9km、流れの速い東京湾の入口をどうしたら安全に抜けられるかということだった。
海底は岩が複雑な地形を生み出している。特に視界のきかない夜間が大問題で、灯台の設置が切望されていた。

首都防衛から言えば、この東京湾入り口の海底の地形は極秘である。明らかになれば、攻め入る側はその地形を利用してひそかに潜水艦を侵入させることができる。また、船舶を沈没させて、東京湾への出入りを防ぐことができる。戦略上の重要な情報なのである。

こうした中で、慶応2(1866)年、米英蘭仏各国と結んだ江戸条約(改税条約)では、観音崎・剣崎(三浦半島)、野島崎(房総半島)など、全国8か所への灯台設置が条件にされた。
便利にすれば侵入されやすい、不便のままにすれば侵入を防げるが、交易は伸びない。幕府内の議論にはまだそうしたジレンマもあったが、内向き志向の古い基準を捨てる世界の流れは止められなかった。

おりから幕府は、横須賀製鉄所を建設中で、建築資材としてレンガを作っており、横須賀製鉄所のヴェルニーやフロランによって、このレンガを使用した洋式灯台の設置が進められた。

こうして、最初に作られたのが、東京湾入り口の両側に位置する観音崎灯台(1869年)と、野島崎灯台(1870年)だった。
  

観音崎は太平洋から東京湾に入る、入り口の高台に位置している。はるか洋上からも見通しがきき、灯台には絶好のロケーションである。

観音崎灯台の案内板



現在の光源とレンズ。4等フレネルレンズで、群閃白光、7.5秒ごとに閃光、77,000燭光の明るさで、光達距離は19カイリ(約35km)。

観音崎灯台。現在の灯台は3代目で大正14(1925)年に作られたコンクリート製。参観料:中学生以上200円。小学生以下無料。
   


■フランス製レンズで光達距離26km
最初に建設された観音崎灯台は、高さ12.12メートルの四角形のレンガ造り洋館で、標高40メートルの高台にあった(海面から52m)。

フランス製3等フレネル式レンズを輸入し、光源には3重心灯器を使用し、燃料は清国製の落花生のオイル、実効光度は1,750燭光で、光達距離は17カイリ(31.5km)だった。
建設工事が着工されたのが明治元(1868)年11月1日で、わが国ではこの日を「灯台記念日」としている。

太平洋を渡ってくる船舶から見ると、房総半島の突端にある野島崎灯台が最初に目に入る。
そのため、野島崎灯台が3-4倍強い光量で遠くから来る船舶に東京湾の位置を知らせ、観音崎の灯台が東京湾内、浦賀水道の航路を知らせるという分担になっている。

灯台の光源は点滅することが必要で、分銅の重さでロープを引っ張り、重力を利用してレンズを回転させていた。
燈台守は、夜間に光を点滅させるために、分銅を2時間おきに巻き上げねばならず、重労働であった。
当初はメンテナンスもあり、管理はフランス人技術者によって行われ、その後、イギリス人に引き継がれた。

観音崎灯台は、この後、関東大震災など、いくどか地震に見舞われて被害に遭い、現在のものは関東大震災後の大正14(1925)年に再建された3代目。

観音崎公園のバス停付近は、海べりが遊歩道になっていて散歩を楽しめる。潮風に吹かれながらのんびり歩くのも悪くない。

突端から走水までボードウォークが作られていて、海水浴場や横須賀美術館、走水まで海際を散歩することができる。
  

明治2(1869)年2月11日(旧暦1月1日)に完成した観音崎灯台は、レンガ造りの四角い洋館だった(「日仏文化交流写真集・第1集」駿河台出版社刊より)。

建設中の観音崎灯台 完成間近の観音崎灯台(1869年1月29日)。手前は灯台守の宿舎(「日仏文化交流写真集・第1集」駿河台出版社刊より)。

分銅の重さでロープを引っ張り、レンズを回転させる装置。上についているウォームギアがロープが引かれる力をレンズの回転に変えている。

観音崎灯台に使われたレンガ。64,000個で作られた。レンガはすべて横須賀製鉄所で焼いたもの。野島崎、城ケ島、品川灯台にも使われた。

県立公園観音崎公園の地図。観音崎公園HPより

観音崎付近の渚沿いのボードウォーク。
   


(2)観音崎砲台跡

■東京湾・首都防衛の拠点
観音崎灯台へ登る道の途中に、かつての砲台跡があるので、覗いてみよう。
観音崎付近一帯は、江戸時代後期、文化9(1812)年、幕府の命で会津藩が台場を築いたところである。

浦賀水道を見下ろす高台からは、湾内を通過する船舶が良く見える。
絶好の監視ポイントだが、実は、ここに築いた台場から、沖を行く戦艦に砲弾を発射しても、当時保有していた大砲では届かなかったという笑い話のような記録もある。

その後、明治14年になって軍が管理する要塞となり、以後、第二次大戦が終わるまで、首都防衛の拠点として猿島同様に砲台が整備されたが、そうした砲台跡が残されている。

灯台周辺にある砲台跡で、立ち寄ってみたのは、北門第2砲台跡、北門第3砲台跡の2か所。砲が外され、草生えた砲台跡は、兵どもが夢の跡である。

この観音崎灯台の周辺一帯は県立公園になっていて、谷内六郎の作品がある横浜市立美術館や海と山の自然を紹介した観音崎自然博物館などがあり、子供が楽しめるアスレチック遊具などもたくさんあるので、家族連れで楽しめる。

灯台近くには、湾内を航行する船舶の安全を見守る海上保安庁の東京湾海上交通センターもある。
湾内を航行する船舶に対して、レーダー、カメラなどで把握した安全情報を提供している所だ。

一般には知られていないが、東京湾の入り口は、水深が浅く、流れが速く、フェリーも横切るという、航行上の規制もいろいろある難所でもあるのだ。
  

北門第2砲台跡の入り口。


北門第2砲台跡に上がったところ。第3海保との間に来た戦艦を攻撃し、通行を阻止する。

北門第3砲台跡で、こちらはもう少し東南方向の浦賀方面を攻撃し侵入を阻止する。


第3砲台に装備された28サンチ榴弾砲。榴弾砲砲身が短く、上向きに発射し頭上から敵艦の甲板を打ち抜くのに適した砲弾。

観音崎灯台と砲台を結ぶ切り通し道とトンネル。
   


(3)走水水源地・横須賀美術館

■ロシア機雷が奉納されている走水神社
ここから、少し海べりの道をたどって横須賀方面に向かい、走水の水源地を訪ねてみよう。
横須賀製鉄所を作ったときに、工場用水と飲料水が必要になり、ヴェルニーらが探し求めてたどりついたのが、よい水が沸くと評判の走水だった。
観音崎から距離はおよそ2.2km、散歩がてら歩いても30分ほどだ。

観音崎から横須賀美術館前を通って走水の防衛大学の海上訓練場までボードウォークが作られ、海辺を行くことができる。

海に向かって開けた眺望がすばらしく、美術館でも多くの人がこの光景を楽しんでいる。カフェのアクアマーレもあるので、美術館で作品を鑑賞しながら一休みするのもおすすめだ。ここには、谷内六郎さんの作品が集められた「谷内六郎館」も併設されている。

ボードウォークは防衛大学の艇庫裏で終わり、道は国道16号線に出る。
しばらく行くと、大津漁港の手前で左に入る道があり、100メートルほどで走水神社がある。

ここは、景行天皇の110年に日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀ってできたという伝説のある神社で、境内にある手水舎の水は、関東大震災でも枯れなかったという。
地下30メートルからくみ上げられていて、お水取りのパワースポットとして人気だ。

また、日本武尊が上総への渡航の際、小庵の主がはまぐりのなます料理を献上したことから、昭和47(1972)年に神奈川県調理師会が発起人となって、ここに「包丁塚」を建立しており、毎年「庖丁供養祭」が行われている。

ここに、日露戦争の時のロシアの機雷が奉納されている。さすがに防衛大学近く、海軍の街・横須賀と感心した。
こんなのもありというのは、神社の懐の深さか。
  

横須賀美術館。朝井閑右衛門の作品など、横須賀・三浦半島ゆかりの作家の美術、版画、彫刻などがある。谷内六郎館も含めて観覧料一般310円、高大生65歳以上210円。中学生以下無料。

走水神社由来。





走水神社の夏祭(2015年は7月26日)は神輿が海に入る海上渡御があることで知られる。

包丁塚。神奈川県の調理師会により昭和47年に建立された。毎年「包丁供養祭」がおこなわれている。

包丁塚。神奈川県の調理師会により昭和47年に建立された。毎年「包丁供養祭」がおこなわれている。

横須賀鎮守府司令長官だった海軍中将上村彦之丞によって明治43年にロシアの機雷が奉納されている。機雷は、艦船が接触したとき爆発する水兵器で、日露戦争時にロシア軍が実際に使用したものだ。
   


■明治9(1876)年からわき続ける水源地
走水神社からさらに進むと、国道16号線は海岸と離れて高台にのぼる。
しばらくの間、下に走水漁港と漁港に渡る伊勢町橋、走水海岸と東京湾を望む絶景が続く。
ここは運が良ければ、富士に沈む夕日が見られるという東京湾眺望のポイントらしい。

走水の高台から走水海岸を見る。目の前に広がる東京湾の光景はすばらしい。

この道はしばらくするとすぐに下り、右手に大きな駐車場が見えてくる。
すぐ裏は走水海岸、そして隣は走水水源地管理センターである。
駐車場に給水用の蛇口が設置されており、多くの人がポリタンクやペットボトルなどに水を詰めている。

この水源地は、明治9年にヴェルニーらがここから内径12.5センチ、長さ1メートルの土管をつないで約7キロメートル離れた横須賀製鉄所まで高低差で水を引いた。

この水は、いまでも、横須賀市営水道として、内径25センチの鉄管で毎日2千立方メートルの水が供給されている。

この水源は、関東大震災でも枯れなかったことから、横須賀市の災害時の補給基地になるほどの、折り紙つきの水源地である。

国道を挟んで反対側に旧水源地がある。古いレンガの塀で囲まれた中は見られないが、地下に貯水池がある。壁のレンガは、どういうわけかイギリス積みである。

レンガ塀に、出入り口や窓だったところが長手のレンガでふさがれて、アーチ形の模様がつけられている。色が違うのは、後から新しい煉瓦で塞いだためだ。
  

東京湾の光景。海上に浮かぶのは猿島。

水源地につくられた給水装置。水がおいしいと評判で、ペットボトルなどに持ち帰る人も多い。

手入れがされているにしても、何度かの震災を経てもなおしっかりしていることに驚く。

国道16号を挟んで水源地の旧貯水池がある。壁は横須賀製鉄所で作ったレンガが積まれている。
   



   


 
≪前ページ(第7章)へ≪ ≫目次ページへ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan