横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流


ものづくり日本の源流を訪ねる
横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流





第6章
戦艦三笠と猿島――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島


日本海海戦での旗艦「三笠」のマスト


(1)「天気晴朗なれど波高し」よみがえる三笠の雄姿

■三笠公園までのアプローチを楽しむ
明治38(1905)年、世界最強とうたわれたロシアのバルチック艦隊を破って列強を驚かせた日本海海戦。連合艦隊の旗艦として活躍したのが戦艦三笠である。

英国ヴィッカーズ社で明治35(1902)年に竣工した15,140トンの戦艦。往時をしのんで、横須賀三笠公園に保存されている三笠と、三笠沖1.7kmに浮かぶ東京湾要塞の「猿島」のレンガ造りの要塞跡を訪ねる。

京急線汐入駅を降りてどぶ板通りを真っ直ぐ進むと、大滝町の大通りに出る。

右に行けば5分ほどで京急横須賀中央駅に至るこの通りが、横須賀随一の賑やかな通りである。
逆に、横須賀中央駅を起点にするなら、改札口を出て左に大滝町の通りを7、8分進むとどぶ板通りの入り口(出口)に出てくる。

この交差点を国道16号に出て海の方にしばらく進むと「三笠公園」入口のアーチが見える。
正面に米軍基地の入口が見えるが、手前を右に折れてまっすぐ5分ほど進むと三笠公園だ。京急線の汐入駅から1.5km、横須賀中央駅から1.2kmほどの距離だ。

三笠公園入り口から三笠公園までの約300メートルほどの道は、遊歩道としてきれいに整備されている。
途中に、住友重工渇Y賀工場で昭和59(19854)年に建造された2代目の日本丸のマストを1/3に縮尺したモニュメントが置かれている。マストだけだが、帆を張った美しい姿が想像される。

この遊歩道をさらに進むと、花壇と疎水のある三笠公園に出る。
一帯は、花と水がベースになった海辺の公園になっており、音楽噴水などもあって日に何度か音楽に合わせて噴水が上がる。
夜にはライトアップされているので、夏の夕涼みにもいいだろう。

公園の中央に司令長官東郷平八郎の像が立っていて、背後の海べりには、三笠のネイビーカラーの雄姿と高く天に伸びるマストとが見える。
  

本町通に面した「三笠公園」への入り口。


笠公園入口を入ると、正面に米海軍基地の三笠口ゲートがある。
三笠公園への遊歩道に、世界に誇る高速帆船2代目日本丸(住友重工浦賀ドック製)の1/3サイズのマストがモニュメントとして飾られている。

遊歩道を進むとやがて遠くに三笠が見えてくる。

日本丸を紹介する説明版。
   


■「坂の上の雲」の世界
司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読まれた方にとっては、戦艦「三笠」と聞けば、主人公の一人秋山真之の人生と重なって、ある感慨をもって思い出される名前ではないか。

日本が国際社会に登場する過程でおきた、ロシアとの清国・遼東半島をめぐる争いに端を発した日本海海戦で、司令長官東郷平八郎の巧みな戦術で、無敵といわれたロシア・バルチック艦隊を撃破した、その旗艦である。

勝利した日は、町には終日万歳三唱の声が絶えなかったという。
国民が戦いの結果をかたずをのんで見守り、日本の行く末を自身のことのように感じていた時代である。

三笠は英国ヴィッカート社のバロー=イン=ファーネス造船所で作られ、1902年に就役した。
全長131.7メートルで排水量15,140トン、最大速力は18ノット、乗員860名、主砲40口径30.5センチ連装砲2基4門、副砲40口径15.2センチ連装砲14門・・・。
当時の世界最高クラスの性能を誇る軍艦である。

戦艦「三笠」が記念館として保存されるようになったのは、大正14(1925)年。
進水以来25年、軍縮条約により廃艦・除籍された三笠が解体の危機に瀕したとき、国民の間から保存の声が上がり、横須賀に置かれた。

昭和33(1958)年、保存会が結成されて記念館として整備され、一般に公開されるようになった。
現在は、国の委託を受けて財団法人三笠記念館として保存・公開活動が展開されている。観覧料は600円(シニア500円)。ゆっくり見ても1時間、しばし明治に時代に戻って当時を思ってみるのもよい。

館内では、主砲の30センチ砲やその砲弾、15センチ砲が置かれた砲室、環境などをま近かで見られる。
三笠の艦橋に立って

「敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ聯合艦隊ハ直チニ出動、コレヲ撃滅セントス。本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」

と大本営に打った電文や、Z旗に込めた

「皇国ノ興廃、コノ一戦ニ在リ。各員一層奮励努力セヨ」

を暗唱してみるのも悪くない。
  

三笠を背に、司令官東郷平八郎の像が立つ。

記念館三笠を海側から見たところ。

記念館「三笠」の配置図(「三笠保存会」案内より)

主砲の40口径30.5センチ連装砲。弾丸がすぐ横に置かれているが、重量400kgという重さで、装填の大変が分かる。

配置図に補助砲と書かれている8センチ砲、合計20門あった。

操舵室。

装甲艦橋と操舵機器。

艦橋からの眺め。ここに立って砲弾が飛び交うなか、東郷平八郎や秋山真之が指揮をとった。
   


■現存する唯一の戦艦
明治以来、海軍が建造・購入し、就役した艦船のほとんどが残されていない。廃船になった船は解体され、鉄材は再利用されるから残ることはない。

帝国海軍が誇る、史上最大の戦艦、大和(263m、69,000トン)や武蔵(263m、62,000トン)も、第二次大戦中に敵の攻撃を受けて沈没したまま、海の底に眠っている。

最近、武蔵が見つかったと報告されているが、海中の遺跡として、簡単に引き上げることはできないのだ。

また、大和の前の、フラグシップだった長門(225m、39,120トン)は、沈没せずに終戦まで生き残ったが、戦後、米国に接収されて、1946年ビキニ環礁で行われた核爆発の実験「クロスロード作戦」の標的として使われ、第2回目の核実験を受け7月29日に沈没した。

記念館「三笠」は、残されている唯一の帝国海軍時代の戦艦であり、貴重な資料でもあるのだ。

残念ながら、主砲、副砲は、除籍する時点で取り外されたので、現在、装備されているものはすべてレプリカだが、三笠艦上で見る限りそれをほとんど感じない。
なにより、その質感・重量感に圧倒される。

砲室のハンモックの様子などを見ると、砲の横で寝起きした砲兵の思いなどが伝わってくるようだ。これはぜひ一度見ておきたい。

砲室と書かれている部屋にある15センチ(6インチ)速射砲。この砲室にハンモックをつって10名の砲手がここで寝起きを共にしていた。


(2) 猿島――東京湾に浮かぶ要塞

■ 三笠桟橋から10分の遊覧船
猿島は、東京湾に浮かぶ最大の自然島である。三笠公園の沖合1.75kmに位置する周囲約1.6kmの小さな無人島だ。現在は全島が猿島公園として横須賀市が管理している。

近年は、島内散策や釣りの穴場として人気もあり、発着場周辺に残るわずかな砂浜を利用して海水浴もでき、バーベキューの器材もレンタルで楽しめることから家族連れや、若い人たちのグループでにぎわっている。

この猿島へ渡航する遊覧船は、記念館「三笠」のすぐ裏にある三笠桟橋から出ている。
記念館三笠のすぐ裏に案内所があり、猿島への入園料(200円)を払って猿島への往復チケット(大人一人1,400円)を購入しよう。
猿島への渡航時刻表は、8:30〜16:30まで1時間ごとに、猿島からは09:45〜17:00まで1時間ごと。

猿島までは所要時間は10分ほどで、島の発着場は島に唯一ある砂浜。
食材と調味料、食器を持参すれば、対岸の横須賀の街を遠くに眺めながらバーベキューが楽しめるので、海風に吹かれてのBBQの意外な穴場かも。
webページが<a href="http://www.tryangle-web.co.jp/sarushima/">ここにある。
  

遊覧船。所要時間は10分ほど。湾内なので、波も穏やかで、船酔いの心配はない。




猿島。終戦までは、東京湾・首都圏保護の拠点であり、軍の要塞があったので、渡航が禁止されていた。いまは、緑豊かな公園として整備されている。
   


■整備されて現代によみがえる要塞
猿島は、幕末から第二次大戦前まで、東京湾と首都防衛のための拠点だった。
弘化4(1847)年、幕府により江戸湾防衛のための台場が設けられたのが最初だ。

長崎に出入りしているオランダから外国の船が日本周辺で様子をうかがっているとの情報を得て、江戸湾に入ってくる外国船への防衛策だったが、そのための十分な火力を持った武器もなく、黒船の江戸湾奥への入船も阻止することもできないありさまだった。

明治に入ると首都防衛の必要性がさらに高まり、陸軍省・海軍省の所管となって、本格的な砲台が構築された。
小高い丘を切り開き、岩盤を削ってトンネルを掘り、煉瓦で覆った兵舎や弾薬庫などをつくって、本格的な要塞を作り上げた。

しかしながら、この猿島要塞は一度も実戦を経験することなく、終戦を迎えている。

戦後は米軍に接収されたが、渡航は可能になり、海水浴などに利用された。
長い間、放置されている状態が続き、平成7(1995)年に横須賀市が大蔵省から委託を受けて管理するようになって、要塞の施設も含めて公園として整備された。

平成15(2003)年に、横須賀市に譲渡されたのを機に、横須賀市が猿島公園として整備した。現在は、案内をするボランティア・ガイドもいて、人気の観光地になっている。

島全体の管理事務所は発着場近くの砂浜にある。季節によって売店(7-9月)、レストラン「オーシャンズキッチン(7月中旬〜8月末)、BBQのレンタルショップなども営業しているが、ほかには売店なども何もないので、音連れ瑠際は、必要な飲料などはしっかり用意していった方がいい。 詳細は、WEBページで事前に調べておこう。
  

猿島内の地図。

要塞の案内図。道はしっかり整備されており、案内板もしっかりしているので初めてでも大丈夫。
島内探索の道は遊歩道として整備されている。ハイヒールは避けてスニーカーで1時間ほどの散歩を楽しみたい。

渡船の発着場。砂浜は、海水浴、。バーベキューに使われる。BBQの道具は、カセットなど島内は持ち込み禁止なので、レンタルできる。
   


■要塞の中を散策する
島内散歩のスタートは管理事務所から。すぐ裏に、明治時代につくられた発電所がある。もちろん島内用だ。

この横の道を上っていくと、切り通しに出る。右に壁をくりぬいてレンガをはめた兵舎跡や弾薬庫が見える。中もきれいに整備されているが、入るには事前の申込みが必要だ。

兵舎の上には階段が付けられていて、かつては砲台があったがいまは藪の中だ。

この要塞で多くの兵士が生活をしており、トイレも風呂もあった。写真はトイレの跡である。

感心するのは、兵舎や弾薬庫の出入り口や窓の装飾、上部アーチなどがていねいに作られていること。軍施設であるが故の、張り詰めた気持ちを癒そうとしたものだろう。

切り通しはトンネルに続き、トンネルの中にも、弾薬庫など施設がつくられていた。
トンネルを抜けて少し登ると、砲台跡があちこちにある。

いまは木々が茂って島外への見通しはあまり良くないが、この茂みを、隠れ蓑として利用すれば、要塞としては悪くない環境にあるのだろう。

帰りがけに寄った管理事務所近くの広場には三角点があった。
ぐるっと島内を一周すると、およそ1時間。
帰りの渡船は1時間おきなので時間を調整し、適当に休憩を入れながら余裕を見て回ると2時間は必要か。

古びて苔むした、緑に囲まれた道は気持ちよく、草いきれを吸いながらの散歩は日ごろの疲れも癒される。
  

発電所。蒸気機関を利用した発電機がある。ここから電力を供給していた。

兵舎あと。中もきちんと整備されているが、事前に申し込まないと見学できない。

弾薬庫。ここも中はきれいに整備されている。

砲台に上る階段。使われることがないのだろう苔むして朽ちている。
トイレ跡。兵舎・弾薬庫の向かいにある。切り通しは廊下の感覚だったのだろう。

2つのトンネル。きれいに整備されていて崩壊の危険はない。

砲台跡。



三角点。金属票に「4等三角点 運輸省横須賀港」と表示されている。四等三角点とは2km間隔で設置する三角点で、全国に69,000点ある。
   


■ポートマーケット
猿島から戻り、三笠桟橋に着いたら、帰りに横須賀の海産物などを買っていこう。
お土産をゲットするなら、桟橋の近くにあるポートマーケットがおすすめだ。

桟橋を出て左に海沿いに200メートルほど行くと右に大きな建物が見える。
「Yokosuka Port Market旬産旬消」と書かれている。広い駐車場には何台かの観光バスも駐車している。

広い店内には、横須賀の海で取れた新鮮な魚介類をおく横須賀市漁港直営のお店や、佐島漁港直営店、長井漁港や三崎マグロの問屋直営店などの魚介類の他に、葉山牛や地元の野菜、海軍カレーのお土産パック、地元の菓子・・・など、新鮮な材料や食品が店内一杯に並べられている。ゆっくり試食しながら、選ぶのもいい。

また、建物の外側には、飲食店が並び、ジェラートや地元野菜を使った一口ピザ、佐島漁港直営の飲食店「なぶら」、和洋中の「WORLD KITCHEN」があるので、ここで食事をすることもできる。横須賀の名物グルメを楽しもう。
  

横須賀のグルメを楽しめる「Yokosuka Port Market旬産旬消」。駐車場も広いので、ここに車を止めて猿島へ渡るのもありかもしれない。

飲食店も併設されているので、食事も可能だ。



店内には、漁協の直営店が朝獲れの鮮魚を並べている。
   



   


 
≪前ページ(第5章)へ≪ ≫次ページ(第7章)へ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan