横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流


ものづくり日本の源流を訪ねる
横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流





第5章
横浜製鉄所――横浜につくられた日本初の洋式工場


元治2(1865)年8月に創業した横浜製鉄所(石川口製鉄所)


(1)慶応元年につくられた近代工場

■技術の発展を阻害した大船建造禁止令
工場を作ったからといって、ではすぐに動かせるかといえば、そういうわけにはいかない。
時代は江戸、元治2(1865)年8月である。働くのはちょんまげを結い、腰に刀を差している人間である。あるのはフランス語のマニュアルと旋盤だけ。動力もない。機械を動かせということ自体が成り立たない。
横須賀製鉄所を稼働させるためには、機械加工の技術を身につけなければならない。

技術者・技能者の育成をめざし、横須賀製鉄所で使用する機械を製造するために建設されたのが横浜製鉄所だ。
JR根岸線石川町駅近くにあった工場は、いまは工場跡碑がある以外に当時をしのぶ物はないが、フランス語と機械加工の実習場として日本産業界に果たした役割は小さくない。

JR石川町駅の北口改札口を出て左(海側)に行くと、目の前に大きなマンションとスーパーマーケットがある。道を左に取れば、中華街への「西陽門」があり、ここを行けば延平門(西門)から中華街へ入る。西陽門の手前に車止めと右に花壇があるが、その花壇の中に「横浜製鉄所跡)と書かれた碑が立っている。
前を行く人はだれも目にとめないが、ここが、慶応元(1865)年8月に建設された日本初の本格的な洋式工場「横浜製鉄所」の跡地だ。

周辺はさま変わりしていて、いまはわずかに碑が立つだけで、当時の面影はなにもない。
中華街に急ぐ人も、すぐ横に立つ碑の存在には目もくれず、素通りする。さびしい限りだが、100年前にここに日本初の近代的な機械工場があったことはだれも想像できまい。

前項で、横須賀製鉄所の準備工場として横浜製鉄所をつくり、そこで人材育成とともに横須賀製鉄所で必要な設備を製作したとご紹介した。
その横浜製鉄所があったところだ。

建設に至るてんまつは以下のようだ。

嘉永6(1853)年6月、ペリーが巨大な蒸気船とともにやってきた。巨大な黒船の威力と高度な技術を目の当たりにした幕府は、諸外国の侵略に対抗するためには大型軍船の建造が不可欠として、同年9月には、寛永12(1635)年に武家諸法度で定めた「500石積(排水量約100トン)以上の軍船は建造してはならない」という大船建造禁止令を撤廃して、諸藩に大型の軍船の建造を許可した。

しかし、いかんせん造船技術がない。そこで幕府が取り組んだのが横須賀製鉄所であり、そのパイロット工場としての横浜製鉄所だった。
  

横浜製鉄所の所在地地図。明治16年のころの地図で、現在の地図に重ねれば、ほぼJR石川町駅から中華学校があるあたりになる(神奈川県立博物館編『横濱銅板畫−文明開化の建築』有隣堂)。

JR根岸線石川町駅前。右の植え込みに「横浜製鉄所跡」の碑が立つ。中華街に行く際にぜひ読んでみよう。

「横浜製鉄所跡」の碑。いきさつも詳しく説明されている。
   


■江戸初期に大型船安宅丸を建造
日本は四方を海に囲まれている。船舶は基本的な移動手段として、秀吉の時代には、朝鮮戦役などで活躍した安宅船(あたけぶね)と呼ばれる大型帆船が作られていた。

奥義は木割法として船大工棟梁に相伝された。
寛永12(1635)年には、幕府は外皮を銅板で覆った竜骨の長さが125尺(38m)、幅53.6尺(16m)、推進力は2人掛りの艪が100艇という和洋折衷の軍船・安宅丸を完成させるほどになっていた。

幕府は、こうした技術が諸藩に渡り、軍船を建造されることに危機感をもち、以後、大型船の建造を禁止した。
そこで日本の造船技術は止まってしまったのだった。

禁止令の解除とともに、幕府自身も造船をめざし、河口を利用した造船所・ドックを浦賀に設置した。翌年には洋式の木造帆船の軍艦「鳳凰丸」を建造するが、軍船としてより輸送船として利用されるだけで終わった。

結局、浦賀造船所は、造船をあきらめて修理場として活用されることになり、万延元(1860)年に、咸臨丸が太平洋を横断する前にメンテナンスをここで受けている。

後にこの場所に、浦賀橋梁株式会社の造船所が建設されることになってドックも新設され、住友重工業渇Y賀造船所へと展開してゆく。

10円切手になった荒波にもまれてアメリカ航海中の咸臨丸。日米修好通商条約100周年を記念して1960年に発行された記念切手のモチーフにされている。


(2)横浜製鉄所が残した足跡

■横浜製鉄所の誕生
大型船の解禁とともに、幕府だけでなく諸藩も同じように軍船づくりを始め、水戸藩は嘉永6(1853)年江戸隅田川の河口に石川島造船所(後のIHI)を、薩摩藩は翌年には桜島に桜島造船所を設け、加賀藩は七尾造船所を作り、軍船などの建造を試みた。

佐賀・鍋島藩もまた、藩内の三重津に造船所を設けることを目指し、オランダに蒸気船建造用の機械類を発注し、オランダ人から蒸気船作りの指導を受けて準備を進めていたが、造船所を作るには莫大な費用が必要なことが分かり、自力での建造をあきらめて、購入した設備類を幕府に献上してしまった。

この鍋島藩から献上された設備を活かして造船所づくりを考えていた時の勘定奉行・小栗上野介がフランス公使のロッシュに相談。

フランス軍艦のセミラミス号の乗組員が鍋島藩からの献上品を視察。これらの機械類では馬力が小さくて大型の軍船の建造には向かないことが判明。
横浜近郊で小型船の修理に活用し、横須賀製鉄所のための機械づくりを兼ねて技術を習得した方が良いとのアドバイスを受けて、横浜に艦船修理施設を作ることになった。

横浜製鉄所設置の目的は、横須賀製鉄所設立原案によれば、以下のようになっている。

「横須賀製鉄所設立に先立ち、一の製作所を横浜にもうけ、現所有の工作機械を据え付け、もって艦船修理の工事を起こし、あわせて本邦人をして西式工業を習得せしむるにあり、このために仏国海軍士官を雇い入れ、その事業を担当せしむる。・・・」

そこで、横浜の本村に工場を建設、鍋島藩から献上された設備の他に、咸臨丸で渡った遣米使節団がアメリカで購入してきた工作機械などを持ち込んで据え付けた。

同時に、フランス人の技術者を採用し、横須賀製鉄所のための準備を兼ねたパイロット工場として、フランス語の通訳や工業技術の実習指導を行う目的工場を整備した。
  

横浜製鉄所。奥は港。構内図の左手から見た写真(『日仏文化交流写真集第1集』駿河台出版社)。

横浜製鉄所。中央の橋が見える先が製鉄所で、左の町並みは元町。(『日仏文化交流写真集第1集』駿河台出版社)。
   


■機械工作のイロハを伝授
工場は、広さ約4,300坪、変形四角形の土地で、鋳造工場、錬鉄工場、製缶工場、旋盤工場、木型や木工用旋盤、模型工場・・・など16棟をもつ、最新鋭の工場だった。

首長にフランス船セミラミス乗員のドローテル海軍技官が就任。横浜製鉄所に雇い入れたフランス人技術者は12名で、専門は、錬鉄、鋳造、製缶、木型、鑢鑿(りょろ:ヤスリ・ノミ)などで、横浜製鉄所では、輸入した鉄材を利用して、横須賀製鉄所で使用するヤスリやノミなどの工具類から、小型の蒸気機関などを製作。
そのプロセスで機械加工技術のイロハから伝授し、日本人職工を育成した。

横浜製鉄所の役割は、横須賀製鉄所を成功させるためのパイロット工場であり、横須賀工場が立ち上がって稼働を始めればその役割は終わる。

とはいえ、1865年当時、本格的な設備を備えた洋式工場としては、幕府が安政4(1857)年にオランダ人技術者を招いて長崎に作った造船施設「長崎鎔鉄所」があるだけで、江戸付近には皆無だった。

水戸藩が隅田川の河口に作った石川島造船所にしても、造船に必要な設備がそろっているわけではなく、その運営には苦労をしていた。

そこに、本格的な設備を備え、しかも最先端の技術を持った技術者が指導する工場ができたため、注文は殺到した。
船舶修理だけでなく、機械加工を行う設備と技術があったために、当初のねらいであった横須賀製鉄所用の工具や設備を作る一方、多くの依頼に応じて、さまざまなものを製作した。
  

横浜製鉄所の構内図。横浜の石川口にあったので横浜石川口製鉄所と名乗った(『石川島重工業株式会社108年史』より)

横浜製鉄所の図。石川口製鉄所となっているのは、明治12年に、平野富二が払い下げを受け、東京の石川島平野造船所(後の石川島播磨重工業)の分室(石川口製鉄所)と改名したため(神奈川県立博物館編『横濱銅板畫−文明開化の建築』有隣堂)。
   


■富岡製糸場の鉄水槽を製作
富岡製糸場の鉄水槽。繰糸用の水を蓄える鉄製の水槽。
富岡製糸場にある鉄水槽も、輸入鉄材を鋼板にし、パーツに分解して製作して現地に輸送、現地でリベット接合で仕上げたものだ。

富岡製糸場の繰糸機はフランスからの輸入したものだが、蒸気機関の補修部品なども横浜製鉄所で製作したと言われている。

横須賀製鉄所では、初期にいくつかの小型船を建造しているが、横浜製鉄所との間の器材の輸送に使った十馬力船の小型船舶用の蒸気機関はここで製作したものだ。
また、陸軍の野砲の修理などのように、各藩が輸入しながら持て余していた設備などの補修もここに持ち込まれた。

機械加工、工作の実力としては、大型艦船用の馬力の大きな、高圧の蒸気機関を製作する力はまだなく、やむなくフランスから輸入して何とか間に合わせていたが、比較的低圧のものであればなんとか製作できるようになっていた。富岡製糸場で使用した小型の蒸気が間もここで製作したと石川島播磨(株)の社史にある。

最大の課題は、製鉄所と言いながら鉄鋼を生産する能力も設備もなく、鉄材そのものは輸入に頼っていたことだった。

この状態はしばらく続き、幕末から鍋島藩や水戸藩、さらには幕府自身によって釜石での製鉄事業などが試みられていたが、いずれも小さな反射炉のレベルにとどまっていて、とても大型の艦船を建造するような鉄鋼を連続生産するに至らず、日本で本格的に高炉を使った鉄鋼の生産が行われるのは明治37(1904)年の八幡製鉄所での成功をまたねばならなかった。


(3)役目を終えて石川島平野造船所へ払い下げ
元治2(1865)年8月に創業した横浜製鉄所は、幕府が倒れた後、事業はそのまま明治新政府に引き継がれ、明治3年頃には日本人技術者も育ち、従業員160余名の大きな事業体になっていた。
しかし、明治4(1871)年になると、横須賀製鉄所の工場設備も整備されてきて次第に機能するようになり、横浜製鉄所は準備工場としての役割を終えてゆく。
同年4月には、横浜製鉄所は横浜製作所と改称され、翌明治5(1872)年、横浜製作所は横須賀製鉄所とともに海軍省の主管になり横浜製造所と改名、12月には横浜製鉄所は大蔵省の管轄へと変わり、民間への貸与が行われるようになる。

造船施設を持たない工場では、経営の見通しが立たなかったのである。

自前の営業をあきらめた横浜製造所は、その後、船舶修繕工場として郵便蒸気船会社、三菱会社などに貸し出されたが、最終的には、明治12(1879)年に平野富二が運営する石川島平野造船所に貸与され、横浜石川口製鉄所として存続することになった。

そして、設備等は東京・隅田川河口にあった石川島製鉄所に移され、明治20(1887)年には同社に払い下げられた。これによって、石川島造船所の設備環境は飛躍的に向上し、同社は民間のトップクラスの造船所となった。

当時の工場のあった石川島は、いまは住所標記で佃2丁目、もんじゃ焼きで知られる月島である。
●民営洋式造船所発祥の地の記念碑 佃島の石川島公園にある石川島平野造船所跡の記念碑。ここは、もともと水戸藩が造船所を建設したところで、IHIの創設者平野富二が払い下げを受けて石川島平野造船所と名付け、わが国初の民営洋式造船所として再スタートした。以来、石川島播磨重工業鰍ェ明治・大正・昭和と多くの軍艦・商船を世に送り出してきたが、昭和54(1979)年工場が移転し幕を閉じた。

(4)我が国初の石鹸工場
もう一つ、わが国初の石鹸工場も、この横浜製鉄所、横須賀製鉄所の流れの中から生まれた事業の一つである。

JR石川町南口の改札口を出ると目の前を中村川が流れる。
右に行くと、横浜元町の商店街にでるが、商店街とは逆、左(西)の方に、1.3キロほど行くと、右手に5つ目の橋「三吉橋」がかかっている。
三吉橋を渡った先には大衆演劇の三吉演芸場があり、その先は、横浜の黒門市場と称される、買い物客で混雑する横浜橋商店街だ。

商店街は帰りの楽しみにして、橋を渡ってすぐ右に折れて川沿いの道を東=駅の方向に少し戻ると、左に横浜市万世ポンプ場があるが、その手前「万世子供の遊び場」の入り口に「石鹸工場発祥の地」の碑が立っている。

明治6(1873)年、横浜の堤磯右衛門が洗濯石鹸の製造に成功し、日本最初の石鹸工場を建てたのがこのあたりだ。

堤磯右衛門は近くの磯子村に生まれ、幕府の横須賀製鉄所建設に際して工事監督を務めた。その際、現場で石鹸が使われているのを見てその効果を確認。フランス人カメラマンのボイルより石鹸製造のノウハウを教えられる。

調べてみると輸入額がかなりの金額にのぼっていることを知り、石鹸づくりの事業化を思い立って、三吉町4丁目に工場を建てて、製造を始めた。
その後、研究を重ねて化粧石鹸、香水、洗髪粉の開発に成功して事業を広げていった。やがて、商品の優秀性が認められるようになり、数々の博覧会などで受賞するようになっていく。

図の右上に記入されている円形のマークが博覧会などで受けた賞牌である。堤自身はこの後、インフルエンザで明治24年に倒れ、堤石鹸製造所も同26年には閉鎖された。
  

堤石鹸製造所。日本で初めて石鹸の製造を事業化した工場。明治15年頃の最盛期の姿である。中村川が運河として輸送に重要な役割を果たしていたことがよく分かる。(神奈川県立博物館編『横濱銅板畫−文明開化の建築』有隣堂)。

日本最初の石鹸工場発祥の地――堤磯右衛門石鹸製造所跡――明治6年日本で最初の石鹸製造所を創業。明治10年に第一回国内勧業博覧会で受賞し、事業を発展させた。

横浜橋商店街は、大阪・黒門市場と並び称される横浜を代表する商店街だ。毎日買い物客で活気にあふれている。
   



   


 
≪前ページ(第4章)へ≪ ≫次ページ(第6章)へ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan