横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流


ものづくり日本の源流を訪ねる
横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流





第4章
横須賀造船所――140年間現役で稼働する
石造りドック


軍100年を経てなお現役で稼働を続けるドック


(1) 横須賀製鉄所−横須賀造船所−横須賀海軍工廠

■貿易港横浜を支えた修船施設
いまは、米海軍横須賀基地内にあるが、対岸のヴェルニー公園や軍港めぐりクルーズから日本最古の石づくりドックを見ることができるのだ。
1、2、3号ドックは建造以来140年を経過し、現在もなお、現役で稼働を続ける。

日本の造船・機械加工技術の発展に大きく貢献した横須賀製鉄所に日本の造船・機械加工技術の原点を訪ねる。

京急線の快速特急で品川から約1時間、「汐入」駅を下車して国道16号線を右に行き、200メートルほど進むと本町2丁目の交差点がある。
この交差点の正面に米海軍横須賀基地のゲートがある。

横須賀製鉄所は、明治初めに横須賀村の三賀保、白仙、内浦にまたがる約244,600uに、山を崩して海面を埋め立て造成・建設された。

「製鉄所」の名は、鉄材を加工する工場という意味で、ねらいはフランスのツーロン港をモデルにした軍港と造船・修船施設の建設だった。

当時の敷地は、いま米軍に接収されていて入れないが、年に何度かある開放日は、このゲートから入って見学することができる。

1859年の横浜開港以来、太平洋の荒波を越えてたどり着いた外国船は、船体が傷んで修理の必要なものも多く、修船施設の整備が要望されていた。

勘定奉行小栗上野介の提案をうけて、慶応元(1865)年9月27日横須賀に修船と造船施設が作られることになり、ここから横須賀の町は大きく変貌していく。

貿易港・横浜に対する修理施設・横須賀は、フランスの貿易港マルセイユに対するツーロンと同じ関係である。
  

明治元年〜9年の横須賀製鉄所。元年に工事中だった1号ドックは完成し、7年に工事がはじまった3号ドックも完成。施設はほぼ、出来上がっている。(協力「横須賀市自然・人文博物館」)

本町2丁目交差点。国道16号線に面した米海軍基地ゲート。
   


■自前ですべてをつくる総合工場
工事は、フランス人も驚くほどの急ピッチで進められ、造船台・修船台とともに、明治4(1871)年には石造り、全長137メートルの1号ドックが完成した。

当時は、機械工場などが市中にないために、造船に必要な機材をすべて内作せざるをえず、敷地内には、鋳造工場、錬鉄(鍛冶)工場、製缶工場、製綱工場、製帆工場、型工場、船具・滑車・木工所などがある総合工場だった。

ヴェルニー記念館に置かれているスチームハンマーも錬鉄工場で使われていたものだ。
手始めに、十馬力船などの小型の蒸気船を作った。横浜製鉄所との間で機材の輸送に使う輸送船さえ自前で作らねばならない状態だったのである。

1865年に江戸幕府が始めた横須賀製鉄所は、1868年に明治新政府に引き継がれる。
幕府の奉行を務めた小栗上野介が新政府によって斬首される一方、製鉄所は明治2(1869)年には大蔵省の管轄に変わり、翌3年には新設された工部省の管轄に。
4年に横須賀造船所と改名し、やがて鎮守府が横須賀に置かれると、造船所は海軍の主力工廠になっていく。

明治時代初期には、民間の造船業が未発達なために、内国船や外国艦船の建造・修理なども行い、明治3年には、206トン、40馬力、積石約500石、乗客数100名の木製汽船「弘明丸」(後に青函連絡船に使われた)を完成させるなどしたが、海軍省の所属になってから戦艦づくりに傾斜する。

列強の侵略を防ぐための富国強兵政策は焦眉の急だった。
冷戦時代なら考えられないが、いまはgoogle earthで基地内の地図が誰でも見られる。
当時の施設と、現在の位置関係を比較してみたのが以下の図だ。
明治9年の横須賀製鉄所の位置を現在のgoogle earthと比較してみた。工場がほぼ完成した後、横須賀製鉄所は、その後海軍の直属となって海軍工廠として終戦を迎え、現在は、米海軍の基地として使用されている。年に何度か開催される開放日に、ドックを間近に見ることができる。(下写真は、クリスチャン・ポラック氏蔵)
  

掘削・建設中の1号ドック(『日仏文化交流写真集・第1集』駿河台出版社)。

機材の運搬用に、十馬力船をいくつか建造し、横浜製鉄所から機材の運搬などに使用した(「横須賀海軍船廠史」)。

建造中の弘明丸(旧横浜丸)(明治2(1869)年)。横浜丸として明治3年に完成し、後に弘明丸と改称して、青函連絡船などに使われた(『日仏文化交流写真集・第1集』駿河台出版社)。
   


(2)丁寧さとこだわりが効率を阻害

■製鉄所から海軍工廠へ−−初の軍艦「清輝」を建造
明治4(1871)年に137メートルの1号ドック建造したのに続いて、

●明治7(1874)年に3号ドック(96m)
●明治17(1884)年に2号ドック(151m)
 と建設され、艦船大型化の流れの中で
●明治38(1901)年4号ドック(240m)
●大正6(1916)年5号ドック(324m)
●昭和10(1935)年6号ドック(366m)

と作られていく。

完成以来まもなく150年になろうとする1号ドックから77年経った6号ドックまで、現在も使用されており、特に石づくりの1−3号ドックは当時の日本の技術を検証する国宝級の産業遺産といっていい。

なお、ドックの最大の課題は、給排水時間である。最も長い2号ドックを真ん中に配置したのは、もっぱら両側にある1号、3号ドックの排水ポンプを活用して、長いドックの排水効率を向上させる工夫である。

横須賀製鉄所はヴェルニーの指導で作ったフランスの技術を集めた最新の造船所で、日本人が設備を使いこなせるように、先行して"横浜製鉄所((五) 横浜製鉄所――横浜につくられた日本初の洋式工場)を作り、横須賀製鉄所で使用する設備を製作しながら、フランス語と機械加工技術・造船技術を訓練した。

明治4(1871)年、横須賀造船所と改名。翌年、明治5(1872)年には海軍省主船寮が主管になる。

ここで、待望の軍艦第1号「清輝」(せいき:897トン、全長61メートル)を完成。清輝は西欧の軍艦には及ばないが、それでも自前で軍艦を建造できたのは大きな成果で、進水式には明治天皇も臨席している。

この船は日本の艦船として初めてヨーロッパへ遠征している。技術力を誇示するためのお披露目というところか。

明治8(1875)年には、海軍がイギリスの指導を受けるようになり、軍政がイギリス式に変わったことで、ヴェルニーを解雇。イギリス人技師2名を採用する。

こんな中で、明治9(1877)年2月には砲艦「磐城」(1464トン、350馬力)、3月には国産第3艦「天城」を進水させる。天城は938トン、720馬力、乗員160名。
クルップ式の砲門を備えた3本マストの国産初の巡洋艦だった。

フランス人技術者なしで、軍船を建造できるまでになっていた習得力の速さは注目に値する。

この後、造船所は、明治17(1884)年には横須賀鎮守府直轄に、そして明治35(1903)年には横須賀海軍工廠となり、大型軍艦の建造に一直線に進む。
  

3つのドックの位置関係。それぞれ間にポンプ小屋があり、両方で使えるようになっている(季刊「大林」より)。

造船台上の「清輝」の竜骨(『日仏文化交流写真集・第1集』駿河台出版社)。

「天城」の進水式(1877.03.13)。清輝級スループの拡大改良型で船材の多くは天城山で伐採したものを使用。完成は翌1878年04月04日(『日仏文化交流写真集・第1集』駿河台出版社)。
   


■効率の悪さがネックで戦争に間に合わない
明治17年には横須賀造船所を鎮守府直轄とし、錬鉄・鋳造・旋盤・製缶・組立工場の拡充・整備を図った。

世界の戦艦が、木造艦から鉄骨木皮艦、鉄製艦、鋼鉄艦へと急速に変化しており、それに対応した処置だった。
同時に、造船所条例が制定され、横須賀造船所は、海軍の艦船の建造・修理・艤装を主目的とすることが決められた。

こうして、建造能力が向上し、戦艦づくりに専念することになり、明治20(1887)年には鋼鉄鉄皮の砲艦「愛宕」(621トン)を進水させ、水雷艇や補助艦艇などを建造。
さらには、鋼製の海防艦「橋立」、巡洋艦「秋津洲」を完成させるが、橋立の建造には6年間、秋津洲の建造には4年間と、長時間を要するという非効率ぶりだった。

海軍としては、折から始まった日清戦争(明治27(1894年7月〜95年3月))などでも、自前の戦艦を使いたかったが、非効率な建造ペースゆえに生産が追い付かず、日露戦争(2004年2月〜2005年9月)に至っても、主力艦船は輸入戦艦に頼らざるを得ないというありさまだった。

日本が世界に認められるきっかけとなった日露戦争の日本海海戦の主力艦船、旗艦「三笠」をはじめ、富士・八島・敷島・朝日・初瀬はすべてイギリス製で、三笠は15,140トン、速力18ノット、主砲に12インチ砲4門を備えた当時の世界最新鋭艦で、技術的にも、日本との格差が大きかった。

それにしても富岡製糸場や横浜開港で見せた機動力のあるプロジェクト管理力はどこへ行ってしまったのか、臨機応変な対応を拒む海軍という組織の宿命かもしれない。


(3)石づくりドライドック

■石づくりドライドック――艦船大型化の足跡
1-3号ドックを少し詳しく見てみよう。 一般にドックは、
●船舶建造用ドック:
船舶を建造するためのドックで、海に向かって船台がスロープになっており、ゲートで水が止められている。
●船舶修理用ドック:
船舶を修理するためのドック。海に接して掘られ、ゲートで水面と分けられている。底面はほぼ平坦。
の2種類に分けられ、構造的に見れば、以下の2種類がある。
●ドライドック:
土地を掘削して地面を掘り、船を引きこんで排水して修理を行う
●フローティングドック:
海上に箱型のドックを浮かべて使用する

横須賀製鉄所のドックは、修理用のドライドックで、ドックのゲートを開けて船を引き入れ、ゲートを閉じてポンプで排水し、船体を露出させて修理や点検作業を行う。
1−3号のドックがつくられたのは1号(明治4年、137m)、3号(明治7年、96m)、2号(明治17年,151m)の順で、この大きさは、当時の戦艦−駆逐艦−巡洋艦を想定したものと予想されている。

1号ドックは当時の欧米の大型戦艦4,000〜5,000トンクラスに合わせて建造されたもので、この大きさの戦艦の入渠・修理が可能だった。

その後、機動力があって小回りのきく駆逐艦の時代があり、最後につくられた2号ドックは、艦船の大型化が急速に進み、大きなドックが必要になったことを示している。

この艦船の大型化競争はこの後も進み、20年後の明治38(1905)年の4号ドックでは全長240m、大正6 (1916) 年に建造された5号ドックでは324m、昭和10(1940)年の6号ドックでは366mと拡大していく。
こうした大型化の流れは止まらずに、航空機の時代が明らかになり始めた1940年代になっても、大和、武蔵という巨艦建造へのこだわりが続いていた。

ゲートに「A」と書かれているのがドックで、右から1号ドック、2号ドック、3号ドック。


ドックの壁面、渠壁。石材がしっかりと組み上げられている。


1号ドック。センターラインに沿って船台が並べられている。入渠した船の船底のセンターをこの船台に乗せ、左右から木材で支えて排水する。このドックには、舵などを納める凹部がなく、渠底が平坦で排水用に傾斜していないなどが特徴だ。これらは、2,3号ドックで修正されている。


1号ドックの先端部。昭和10年〜11年に渠頭部分がコンクリートで延長されたことがよく分かる。

1号ドックで修船中の船舶(『日仏文化交流写真集・第1集』駿河台出版社)。   
   


■地震にびくともしない土木建設力の凄さ
現在、1-3号のドックは日米の共用に供されており、自衛隊の艦船のみならず民間の修船にも使用可能だ。

それにしても建造以来150年近くたって、まだ現役というのは奇跡だ。
石材はいずれも、伊豆・小松石や相模産の安山岩の石材で、500×500×1,000ミリのサイズ。
150年経った現在も、摩耗は見られるが全体にしっかり機能しており、耐候性、耐海水性も問題なし。

石積みの間をつなぐ目地にはコンクリートが必要だが、1号ドックでは輸入コンクリートが工事費の半分を占めたため、ドックの裏面は消石灰・火山灰を混合したベットンと呼ばれるものを使用した。

コンクリートが国内で生産されるようになるのは明治8(1875)年である。

ドックに船を引き入れてゲートを閉じれば、渠底や渠壁には水+艦船の重量の負荷がかかる。排水をすれば、渠壁には逆に周辺の地面からドックを内側に押し出す荷重がかかり、渠底には艦船の荷重がかかる。
ドックにはこの耐荷重を持ちこたえる強度が必要である。

地震が多発する環境のなかで、この両荷重に耐えながら、水漏れを防ぎ、寸法を保ち続けるには、しっかりした構造設計と施行が不可欠だ。
このことだけでも、明治初頭にこうした土木建築物を作り上げた、先人たちの技術力に驚きを禁じ得ない。
  



2号ドック。監督者のフランス人が帰国したため、日本人にって工事された最初のドックとなった。明治初期としては最大規模のドック。先端部の1/3ほどにもゲートがあって、ここでに分割して使用できる構造になっている。そのため、ゲートや、排水用の暗渠、舵をおさめる舵井(だせん)が2つずつある。




3号ドック。3つの中で一番小さいドック。

3号ドックのゲートの内側。ゲートが見える。
   


(4) フランス語と造船技術の伝習学校

■フランス語、造船技術者の育成
産業近代化という点で、横須賀製鉄所が残したもう一つの足跡は、50人ものフランス人技術者が来日して事業所に従事し、人材育成に力を尽くしたことにある。

製鉄所での指導はフランス語で行われたために、造船学を学ぶものはまず、フランス語を学ぶ必要があった。
次項で紹介するように、横須賀製鉄所に先行して横浜製鉄所を建設し、そこでフランス語や機械加工技術の基本を指導したが、それはこの横須賀製鉄所の事業展開、技術者の育成などをスムースに進めることをねらいとしたものであった。

首長のヴェルニーが赴任するにあたってねらいとしたのは、単に造船所を建設するだけでなく、学校を設けて造船技術者を育成することにあった。

そのため、彼は学校の設置を熱心に政府にはたらきかけ、事業所内学校ともいうべき黌舎(こうしゃ)を設立しているのである。

しかもそのレベルは、単に職業学校というものではなく、フランスの高等学校への留学を目指すような、本格的な専門学校であったため、授業はフランス語で行われた。

造船技術を学ぶために、まずフランス語の習得が求められたのである。
こうしたねらいはまさに実現して、この学校から、後に浦賀ドックの設計などで活躍する恒川柳作なども生まれている。

高度な技術者とともに優秀な技能者を育成するために、伝習学校や職工学校を併設している。
伝習生とは、慶応2年に始めたもので、士族の子弟らを技術者として育成するもので、職工学校は横須賀周辺の地域から10歳以上の子弟を集めて機械加工の高度技能者を育成した。

こうした教育の中でも大きな役割を果たしたのは、横浜製鉄所からのつながりで行われたフランス語の授業であり、ここからフランス語通訳なども生まれている。

造船技術者としては、黌舎で学んだものの中からフランスの大学に留学する者も生まれており、短期間であったが、高等教育機関として大きな役割を果たしている。

黌舎 横須賀製鉄所内に設けられた、造船技術教育のための学校「黌舎」。右端に見える2階建ての建物が黌舎。左の塔がある長い建物は製綱工場(『日仏文化交流写真集・第1集』駿河台出版社)。


(5) 基地内に残る海軍遺跡――横須賀鎮守府

■威風堂々とした海軍の奥ノ院
米海軍横須賀基地のゲートを入ると、ドックの手前の右に高台があるが、その高台の上にあるのが、大日本帝国海軍鎮守府の本庁舎と横須賀海軍艦船部の建物だ。

横須賀造船所は、明治5(1872)年以降、海軍の配置になり、明治17(1884)年には横須賀鎮守府の直轄になり、同22(1889)年鎮守府造船廠になった。

鎮守府とは、大日本帝国海軍の艦隊の地方を統括する機関で、横須賀のほかに、佐世保、呉、舞鶴の各鎮守府があり、横須賀鎮守府は最初に設定された最大の鎮守府だった。

明治23(1890)年に初代の本庁舎が建設されたが、関東大震災で全壊したため、大正15(1926)年に建設されたのが現在の本庁舎である。現在のといっても、いまは米軍基地の中にあり、米軍が使用している。

鉄骨造りの三階建て総建坪675坪、柔構造を基本とした耐震設計で、防火対策も取られている当時としては近代的な建物だった。
海軍所属の真島健三郎の設計で、持論の壁を軽くするという耐震構造を実践している貴重な事例だ。

ここの司令長官は大将か中将クラスが務めた。
当時、東洋一の軍港と言われた横須賀港をもつ最大の鎮守府にふさわしく、シンプルだがどっしりした建物で、若手などは、近づくだけで震え上がったのではないか。
現在は、米海軍司令部が本部として使用している。

隣に旧横須賀鎮守府会議所・横須賀海軍艦船部の建物がある。こちらは昭和9(1934)年に建てられた鉄骨造り二階建て。外壁は小豆色の煉瓦タイル張りで、建物前面の中央部には大きな柱形が白で立ち上がっている。

建物上部には三角破風があり、1階が執務室、2階が会議室・ホールになっている。現在は米海軍の第七艦隊の司令部として利用されている。
  

旧横須賀鎮守府。外壁は鉄骨に鉄網セメント吹付の上に小豆色のタイル貼り、内壁は鉄網モルタルと漆喰塗り。

鎮守府建物のエントランス。二階への階段が存在感がある。

1階のオフィス廊下。ドアの両側や天井などに細かな装飾が施されているのがわかる。

入り口には海軍の組織図がある。

旧横須賀鎮守府会議所・横須賀海軍艦船部の建物。2階建てだが、2階が天井の高いホールになっているので、4階建てくらいの高さがある。建物に入らずに外から2階ホールに行けるようになっている。

入り口に小栗上野介とヴェルニーに敬意を表して写真が掲示されている。

入り口に、旧大日本帝国海軍の鎮守府の司令長官などの写真が掲示されている。

横須賀鎮守府会議所の2階ホール。すっきりした鉄骨組の機能的な美しさがある。着任式など催し物や集会に利用されているようだ。
   


■旧横須賀工廠の庁舎――CPO下士官クラブ
鎮守府の高台を下ってドックの方に歩くと右に白い建物がある。
関東大震災で全壊した初代庁舎の跡に、昭和の初めに建設された旧横須賀海軍工廠の庁舎である。

これも、鎮守府と同じ真島健三郎の設計で、やはり2階建て、鉄骨造り、壁は鉄網にセメントの吹き付けという計量の柔構造である。

昭和初期には、横須賀鎮守府管内でこの旧横須賀海軍工廠庁舎や旧横須賀海軍病院庁舎、および兵舎(現米海軍横須賀病院庁舎及び病棟)などといった建物が、真島の柔構造理論で建設された。

いまは、米海軍のCPO(Chief Petty officer:下士官)クラブとして利用されている。
この建物の前に、昭和2年4月1日に、庁舎の竣工を記念して作られた記念碑がある。

この碑に使われた材料は、全壊した初代庁舎に使用されていた資材だという。屋形の上部には、エッチングで初代庁舎の正面図が描かれた青銅版がはめ込まれていて、下には「明治辛未年建ANNEE1871」と刻まれた石版がはめ込まれている。
さらに、土台の部分には、レンガで縁取りされたスペースに、横須賀製鉄所と海軍工廠庁舎の由来が記されている

「初代庁舎ハ、横須賀製鉄所時代、現第一上陸場前ノ地ヲ相シテ、明治三年8月之ヲ起工シ、翌々五年四月(西暦一八七二年)竣成ス・・・大正十二年九月一日関東地方ノ大震災ニ遭ヒテ、廠内過半ノ工場倉庫ト共ニ、初代庁舎建物ヲ併セテ崩潰スル処トナリ・・・新庁舎ノ竣工ヲ告グルニ当リ、爰ニ初代庁舎営造用材ノ一部ヲ以テ碑ヲ作リ、庁舎ノ由来ヲ添記シテ、以テ記念トナス・・・昭和二年四月一日 横須賀海軍工廠」(読点は筆者挿入)

 

旧横須賀海軍工廠の庁舎、現在はCPOクラブとして利用されている。装飾は少ないが、縦長で上下開きの窓が特徴。

昭和2年に設置された新庁舎竣工記念の碑。屋形部分に描かれているのは大将12年の関東大震災で倒壊した初代庁舎の正面図。

新庁舎竣工記念の碑の全体。下部に由来が記されている。CPOクラブ入り口のすぐ横にある。
   
   



   


 
≪前ページ(第3章)へ≪ ≫次ページ(第5章)へ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan