横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流


ものづくり日本の源流を訪ねる
横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流





第3章
YOKOSUKA軍港めぐりクルーズー−−軍港横須賀のいまを知る


横須賀港軍港ツアー


(1) いま首都圏で人気の“非日常に触れるクルーズ”

■YOKOSUKA軍港めぐりクルーズへ
いま、首都圏で人気なのが「YOKOSUKA軍港巡り」クルーズだ。
米海軍基地の施設と、旧横須賀軍港(現海上自衛隊基地)を遊覧船で一回りする小さな船旅だ。

対岸に明治4(1871)年につくられ、いまも稼働中の我が国初の石造りドックを望み、潜水艦や軍艦など軍港のいまがまじかに見られるのが人気の秘密である。

JR横須賀駅とともに、横須賀港へのアプローチのもう一つの出発点は、ヴェルニー公園を挟んで反対側にある京急「汐入」駅だ。
いま、首都圏のツアー人気で1、2位を争うのがYOKOSUKA軍港めぐりクルーズ。

この遊覧船に乗るのならば、京急汐入駅が最適だ。ただ、JR横須賀駅と京急汐入駅間の距離は歩いても5、6分なので、JR横須賀駅で下りて、ヴェルニー公園を通り抜けての散策を楽しむのもおすすめだ。

京急・汐入駅を降りると、正面は国道16号に面したロータリーだ。すぐ右に、近代的な芸術劇場やホテルメルキュールのあるベイスクエア・ヨコスカがあり、その手前を線路の高架に沿って右に入ればどぶ板通りにでる。

ビルを右に見てまっすぐ進み、歩道橋の階段を上がって、国道16号線をまたぐデッキウォークから正面に見えるショッパーズプラザ(ダイエー)をめざす。汐入から歩いて4分、JR横須賀駅から公園を通ってまっすぐ来ればおよそ10分もかからずに着く。

ショッパーズプラザの裏側に、軍港めぐりクルーズの遊覧船乗り場の桟橋がある。桟橋の前に受付があるので、予約を確認しておこう。

クルーズの出発は、11:00〜15:00の1時間ごと。土日祝日には10:00の便もある。1回のクルーズは約45分。料金は大人1人1,400円、小学生は700円。15名以上なら10%の団体割引がある。

このクルーズは、首都圏のツアー人気ランクで常に上位に入るほどで、事前に予約することをお勧めする。予約は電話やインターネットで可能だ。
横須賀軍港めぐりクルーズの受付はこちら
  

京急汐入駅を出ると、右にベイスクエア・ヨコスカがあり、その前を進むと歩道橋がある。これを越えた正面のダイエー(ショッパーズプラザ)の裏側に、クルーズの乗り場がある

横須賀軍港めぐりクルーズの受付。電話:046-825-7144(9:00-17:00)


     

クルーズ発着桟橋と遊覧船Sea friend X



JR横須賀駅で下車してヴェルニー公園を横切ってくれば、デッキウォークの先にクルーズ船と発着桟橋が見える。
   


(2) 米軍基地・海上自衛隊の艦船を眺めて45分

■間近に最新鋭のイージス艦を見る
横須賀軍港は湾の中ほどにある吾妻島を挟んで、東の横須賀港、西の長浦港と分けられる。
もともとは、吾妻島は陸続きだったが、長浦港と横須賀港の間をショートカット水路を掘ってしまったので、吾妻島が作られた。
いまは、倉庫・補給庫として日米で供用されているこの吾妻島を、反時計回りにぐるっと一周する形でクルーズは進む。

クルーズ船が出発してすぐに右に見えてくるのが、米海軍基地。文字で「A」と書かれたドライドックのゲートが見える。
明治初めに建造された石づくりの3つのドライドックが、手前から第1ドック(長さ137m)、第2ドック(151m)、第3ドック(96m)と並んでいる。
明治4(1871)年〜17年にかけて完成したドックで、140年たった現在も現役で船舶の修理に使われている。
運が良ければそのすぐ隣の岸壁に潜水艦が係留されているのが見られる。

ドックを右に見てしばらく進むと、アメリカ海軍横須賀基地の埠頭で、イージス艦など米軍の主力となる護衛艦などが停泊していることが多い。
艦橋に、六角形の大きなマークが見えるのはイージス艦で、機密満載の最新鋭艦だが、こんなオープンな形でまじかに見られることとに驚く。
六角形に見えるのは最高水準で索敵を行うレーダー部分である。
  

YOKOSUKA軍港めぐりクルーズのコース(所要時間は約45分)。


「DRY DOCK 3 2」と書かれているのが海水を配水するためのポンプ小屋。その左に3号ドック、右に2号ドックがある。

潜水艦。かなりの大型だが、艦名などは分からない。

この日はたまたまイージス艦ラーセンが入港していた。
   


■自衛隊載新鋭艦を見る
東京湾に出て左に舵を切る。右に横須賀市夏島の住友重工業の横須賀工場、日産追浜工場が見えてくる。
ここから先は、海上自衛隊の基地で、船越地区は、自衛隊の総司令部、つまり全海上自衛隊を指揮する本部があるところだ。

海洋観測船「5106しょうなん」が停泊していた。 海洋観測船とは、潜水艦などが座礁せずに活動できるように、そして対潜戦に影響を及ぼす海底の地形や底質、磁気雑音などの自然環境を観測し、データを収集することを主任務とする船である。

しばらく進むと、港の中央に廃船になった潜水艦が係留されている。訓練用に使われるのだろう。奥に掃海母艦「463うらが」が見える。

掃海母艦とは、機雷の排除を任務とする掃海艇などの移動基地として、燃料や物資の補給などを行う軍艦だ。機雷の排除では世界最強の戦艦である。
ここから吾妻島を切り離して作った新井掘割水路に入る。水路では、自衛隊員が訓練を行っていた。

水路を抜けると自衛隊横須賀地方総監部の吉倉桟橋である。
この日は、護衛艦「152やまぎり」、「107いかづち」、「423ときわ」、「174きりしま」などが停泊していた。
ヴェルニー公園から見える岸壁がこの岸壁だ。

クルーズの主要時間はおよそ45分。目の前に出てくるめったに見られない光景に目を奪われていると、時間はあっという間に過ぎてしまう。

解説も分かりやすく、軍港のいまが手に取るようにわかる。
日常的には目にすることのない米軍と自衛隊の艦船を間近に見るクルーズ、一見の価値がある。
  

東京湾は穏やかに船が航行している。


夏島の住友重工業の工場(右)が見える。民間船舶を建造する工場だ。大きな自動車輸送船のような船が左に見える。ここは日産の追浜工場だ。

海洋観測船「5106しょうなん」。

潜水艦。敗戦になったものだが、訓練用に使われているのだろう。奥は掃海母艦「463うらが」、機雷などを除去する。

新井掘割水路を進む。左は吾妻島、右は自衛隊基地。

水路では訓練を行っていた。


護衛艦「152やまぎり」。護衛艦はイージス艦や空母を護衛する。

護衛艦「423ときわ」、索敵機能を備えたイージス艦「174きりしま」。

自衛隊横須賀総監部の岸壁に停泊する護衛艦「101むらさめ」、試験艦「6102あすか」。試験艦とはステルス化や省力化を目的にテストする戦艦である。
   


(3) どぶ板通り−−スカジャン発祥のアメリカン・ストリート

■有名人と手形を比べる
クルーズを降りたら、国道16号をまたがる歩道橋を駅の方に戻ろう。
国道から1本裏の路地に入ると、そこが「どぶ板通り」。大滝町までの約300mほどの通りは、異次元のアメリカンストリートである。

どぶ板通りとは、いかにも裏通りという名前だが、もともとは道の真ん中をどぶ川が流れていて、それを塞ぐために、海軍工廠にお願いして鉄板をもらってふたを被せたのが通りの始まりという。それが間もなく、どぶ板通りと呼ばれるようになったそうだ。

第2次大戦後、横須賀基地に寄港する米海軍の兵隊さんを対象にして商いを始めるお店がふえて、「米軍兵士の歓楽街」に成長した。
お店も、米軍兵士に合わせたアメリカ風の構えで、沖縄の北谷(ちゃたん)と同様にアメリカンストリートの雰囲気がある。

昭和30〜40年代くらいまで一世を風靡した“スカジャン”の名で知られる、米兵が着るジーンズ地のジャンパーの発祥の地でもある。

近年は、日本人客が主流で、通りもきれいに整備され、米軍人を対象にした日本土産を販売する店も少なくなった。
それでも、ミリタリーショップや土産物店、アメリカンバーなどが連なり、特有の雰囲気をかもしている。

この通りを楽しむもう一つのポイントは、横須賀になじみの深い著名人の手形レリーフだ。
汐入から通りに入ると、すぐ左が芸術劇場。その先の交差点に、手形レリーフの所在地を示した案内板がある。

猪熊功、高島秀武、渡辺真知子、王貞治、佐々木主浩、宇崎竜童・・・など、横須賀出身者や横須賀芸術劇場出演者など50人ほどの手形のタイルが歩道のあちこちに埋め込まれているので、探して歩くのも楽しい。

手形レリーフの所在地を知らせる案内板。


モールに埋められている手形の一部。猪熊功は地元の出身で五輪柔道の無差別級で日本に金メダルをもたらした地元の英雄だ。

朝のどぶ板通り。まだ前夜の余韻が残り目覚めていないようだ。
  
   


■ボリューム満点・ネイビーバーガー
汐入駅から入ると、手形レリーフの案内板のすぐ右に延命地蔵尊がある。
地域の方のていねいなお世話で、いつもきれいに整備され、ろうそくも灯されているので、ここでお参りしてから通りを歩こう。

正面を見ると、すぐ隣にはPOPな飾りが見える。ライブハイス「横須賀かぼちゃ屋」だ。地蔵尊とライブハウスが隣り合わせというものいかにも横須賀らしい。

通りの両側には、バーガーショップ、ミリタリーファッションショップ、昔ながらの肖像画店、写真館、バー、日本土産店、カフェ・・・などが並ぶ。朝早くは閉まっているが、昼時になると店を開けるので、お店をえらんで本場のネイビーバーガーや海軍カレーをほおばるのも悪くない。たいていのお店が両方を食べられる。

ネイビーバーガーは、レギュラーでパテが220g、ハーフで120gほど、海軍カレーも、牛乳とサラダ付なので、どちらも一食としてボリュームは十分だ。

横須賀の3大グルメは、

●ネイビーバーガー
●海軍カレー
●チェリーチーズケーキ

多くのお店でどれも食べられるので、シェアし合うのもいいかもしれない。どちらを選択するかはその日の気分で決めればいい。

どぶ板通りは直線の通りで300mほど歩くと大滝町の大通りに出る。大滝町の通りが横須賀のいわばメインストリートである。

次のコース、日露戦争の旗艦だった記念館「三笠」のある三笠公園に進むには、大滝町を左に曲がって国道16号にでる。
  

延命地蔵尊。隣はライブハウス「横須賀かぼちゃ屋」。いかにも横須賀らしい光景だ。


どぶ板通りのお店。つくりが独特の雰囲気を出している。

ヨコスカ名物のネイビーバーガー

海軍カレーには、海軍の伝統に倣って、定番でサラダと牛乳がついてくる。

どぶ板通りの中ほどにある海軍カレーとネイビーバーガーのお店「TSUNAMI」。海軍カレー、各種バーガーのほかに、タコスなどもある。







   


 
≪前ページ(第2章)へ≪ ≫次ページ(第4章)へ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan