横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流


ものづくり日本の源流を訪ねる
横須賀製鉄所――造船王国・日本の源流





第1章
横須賀製鉄所
――100年を超える現役ドックの宝庫



米海軍と自衛隊が同居する横須賀港


(1)知られざる横須賀

■明治日本の産業革命遺産
1854年、4ハイの蒸気船の来襲によって幕府が知ったのは、我が国の脆弱な防衛力だった。
そこで、フランスの指導の下、造船所を作り、機械加工技術の育成と軍艦の建造をめざした。その出発点となったのが横須賀製鉄所だった。

起工150周年のドックが残る横須賀を中心に、戦艦三笠、浦賀ドック、日本初の洋式灯台・観音崎、横浜製鉄所跡を訪ねてみよう。
2015年7月5日ユネスコの世界遺産委員会は「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」を世界文化遺産に登録することを決定した。

この遺産には長崎造船所や八幡製鉄所、韮山反射炉、釜石の高炉跡など、申請した23施設すべてが構成資産として認められたが、実は、このほかにも申請の中に入っていない、重要な資産・遺跡がある。それが、ここに紹介する横須賀製鉄所だ。

本来ならば、官営の造船施設であること、明治3年に作られた我が国初の石づくりドライドックが残されていること、さらに、ここで育った造船技術者が後に全国でドックや戦艦づくりに携わって造船王国日本を生み出す原動力になったこと・・・などから、ここが真っ先に候補地に選らばれるべき施設なのだ。

なによりも、地震大国日本で、1871年の建設以来140年を経過して、なお現役で使われているドックの質の高さは、産業遺産として文句のない重要文化財級の価値をもつ。

なぜ、登録資産に横須賀が入っていないのか、理由は、米軍の基地内にあって保存も自由にならないためだ。致し方ないが、非常に残念である。
ここでは、こうした貴重な知られざる横須賀製鉄所とその関連遺産を見てみよう。

横須賀の港は、かつて鎮守府が置かれ、最大の海軍工廠があった。



■駅から1分――非日常の観光名所
横須賀の町を訪れる場合の下車駅は、JR横須賀駅、京浜急行「汐入」駅、「横須賀中央」駅の3つ。
車なら、国道16号を下るか、横横道路の横須賀インターを降りるかになる。

電車なら、東京から横須賀線で約1時間15分、JR横須賀駅で降りて改札口を左に出る。
50メートルも歩けばヴェルニー公園である。目の前は横須賀港だ。

向かいの右手は米海軍基地の埠頭だが、修理中の潜水艦などが係留されている。
遠くには米海軍のイージス艦など軍艦も見える。
左手は海上自衛隊横須賀地方総監部の埠頭だ。
大型の軍艦を目の前にした眺めは壮大、横須賀港は、日本の海上自衛隊と米海軍の戦艦が間近に見られる非日常空間なのだ。

青い海と小高い緑の丘に囲まれた港、それがかつて軍港として栄えた横須賀港である。

駅から1分で行かれる、こんな便利で見ごたえのある観光地を見逃すわけにはいかない。一度足を運んで自分の目で貴重な過去の遺産と横須賀港のいまを味わってほしいところである。

なかには、軍港が産業遺産?あるいは、ものづくり強国の遺産?と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれない。

横須賀と聞いてなにを思うかと問えば、軍港、米軍基地、原子力空母、どぶ板通り、最近では海軍カレー・・・などの答えが返ってくるかもしれない。
こうした横須賀の持つ、いわば戦争につながる負のイメージは、多くの日本人に共通していると思う。

しかし、実は、横須賀港イコール軍港というだけではなく、日本が造船大国、ものづくり強国へと変貌していく過程で、その出発点になる貴重な産業遺産をもった町でもあるのだ。

横須賀軍港の歴史をたどってみると、知られざる横須賀の姿が浮き上がって来る。
  

JR横須賀線の横須賀駅。JRには珍しい平屋建てである。戦後は、繁華街のある京急横須賀中央駅に乗降客が集中している。

横須賀港全景。左にヴェルニー公園が広がり、右は米軍基地。左先の自衛隊基地にオレンジ色の南極観測船「しらせ」が寄港中だ。右奥の小高い丘の間に水路が見えるが、その奥が長浦港。
   


■一度は見たい横須賀のものづくり遺産
JR横須賀駅からヴェルニー公園を、ほんの2,3分進み対岸をみると、「3DRY DOCK2」と書かれた2階建ての建物が見える。

左に3号ドック、右に2号ドックを控えた、ポンプ小屋である。
小屋の左右の海面すれすれに「A」と書かれた文字が見える。これがドライドックのゲート(船渠)で、このゲートを開けて海水を入れて船を引き込み、海水を抜いて船体を修理する。

30メートルほど右にもう一つ「A」と書かれたゲートが見える。
これが1871年につくられた日本最古の石造りドライドック1号のゲートだ。

この横須賀港、何げない風景の中に、100年を超える産業遺産がたくさん隠れているのだ。
横須賀には以下のような貴重な産業遺産がたくさんある。

・横須賀製鉄所で使われたオランダ製スチームハンマー(ヴェルニー記念館)
・フランスの軍港ツーロンをモデルにつくられた横須賀港・長浦港
・日本における造船技術の原点となる3つのドライドック
・日露戦争の旗艦となった戦艦「三笠」(記念艦「三笠」)
・1869年に点灯した日本初の洋式灯台(観音崎灯台)
・1848年につくられた和式の灯台(浦賀燈明堂)
・290年間続く渡し船(浦賀渡船)

などなど。

これはどれも造船王国日本を生み、現在の日本の高度なものづくりを構築した出発点になるものなのだが、それだけではない。

フランスの指導で運営された横須賀製鉄所では、明治初年の時点で、定時労働、週休制、年金制度、職場内職業訓練校・・・などが導入されており、近代的なマネジメントを確立するための先駆的な役割も果たしているのである。
  

「A」と書かれたものがドライドック。右から第1号、2号、3号と並んでいる。140年の歴史を経てなお、どれも現役で稼働中だ。




日本で初めての洋式灯台観音崎灯台。横須賀製鉄所のフロランらの設計。1,750燭光の明るさで、光到達距離31.5kmと圧倒的な光力で東京湾入り口の航路を照らした(「日仏文化交流写真集・第1集」駿河台出版社刊)。
   


(2) 横須賀を堪能するおすすめルート

■横須賀港周辺のおすすめルート
横須賀港を堪能していただくおすすめのルートは、JR横須賀駅を出発点として、ヴェルニー公園(ヴェルニー記念館・横須賀港・海上自衛隊戦艦)−YOKOSUKA軍港めぐりクルーズ(45分)−どぶ板通り−三笠記念館−猿島−と楽しんで、最後にポートマーケットに寄ってお土産をゲットするというコース。

出発点の改札を出るとすぐ近くに、ヴェルニー公園があるので、横須賀港を一望し、ヴェルニー記念館で横須賀製鉄所、横須賀造船所、横須賀海軍工廠の一端に触れよう。

港では、運が良ければ、すぐ隣にある海上自衛隊の岸壁に接岸する自衛隊の、「ヘリ空母いずも」やイージス艦などの戦艦を見ることができる。

そのままヴェルニー公園を散策しながらすすめば、500メートルほどで、YOKOSUKA軍港めぐりクルーズの発着桟橋に出るので、軍港めぐりのクルーズ(45分)で、横須賀港のいまを堪能しよう。

クルーズ船は1時間おきに出航しているが、満席で埋まっていることが多いので事前の予約が安心だ(https://www.tryangle-web.com/naval-port/info.html)。

クルーズ発着の桟橋は京急「汐入」駅が近い。「汐入」駅を出発点にしても、ヴェルニー公園は近いので、問題はない。

クルーズを降りたら、国道16号を渡って、1本裏を走るどぶ板通りへ(300m)。この一角は、いわば「アメリカ街」。
ボリュームのあるネイビー・バーガーや海軍カレーを売り物にするお店も多いので、ここで昼食をとるといい。

どぶ板通りを抜けて三笠公園へ(600m)。
日露戦争の日本海海戦で旗艦として戦った記念艦「三笠」を見学した後、すぐ裏に猿島への船の桟橋があるので、猿島に渡り(所要時間10分)、首都防衛のために設けられた要塞の島を見学していただこう(約90分)。

島から戻れば、桟橋から300mほどの所に、ポートマーケットがあるので、ここで横須賀の海産物などをゲットして、京急・横須賀中央駅(約1km)から電車に乗るのがいい。
中身の濃〜い一日になるのは間違いない。
  

南極観測船しらせは自衛隊横須賀基地が母港である。

どぶ板通りのバーガーショップ。店づくりはアメリカンテイスト。

三笠公園。奥に見えるのが日露海戦の旗艦「みかさ」
   


■浦賀・観音崎の遺産を堪能するおすすめルート
横須賀港周辺で遺跡を楽しんだ後、さらに浦賀・観音崎の遺跡を楽しんでいただくには、横須賀中央から、京急バスで観音崎を目指そう。

途中走水水源地で下車して(20分)、横須賀製鉄所で使う水を確保するために明治時代に作られた水道の水源地を見学、蛇口があるので、一口味わっておこう。
バスを乗り継いで観音崎をめざす(15分)。

終点の観音崎でバスをおりたら、灯台まで、散策路があるので、それを楽しもう。
途中で、東京湾を守るための砲台があちこちにあるので、眺望を楽しみながら山道をウォーキング気分でゆっくり回ればおよそ2時間。

家族づれならば、観音崎県立公園には広い駐車場もあり、ふれあいの森、ロッジ、博物館、バーベキュー場などたくさんの施設があるので、一日楽しめる。
再びバス停に戻ったら、ここからは浦賀行のバスを利用する。

浦賀駅まで、バスでおよそ15分。京急「浦賀」駅で降りると眼の前に住友重工業の工場があるので、工場に沿って右の方向へ。
ここからはバスに乗ってもいいが、途中で見たいものがあるので、歩いた方がいい。

およそ7,8分、工場の壁に沿って歩くと、左に大きなクレーンとドックが見えてくる。通称、浦賀ドックと呼ばれた住友重工のレンガ造りのドックである。

さらに、道沿いに進むと、やがて西浦賀と東浦賀を結ぶ渡船場があり(5分)、さらに進むと、左にマンション群が現れ、その先にヨットハーバー「Velasis」がある(10分)。

ここの敷地内に、明治32年に作られた川間ドックと呼ばれるレンガドックがある。
事務所の受付によって「ドックを拝見させてください」とお願いして、入れていただこう。海水をたたえたドックの姿をみることができる。
ここからさらに先に10分ほど進むと、岬の先端に、江戸時代の灯台である燈明堂がある。

楽しんだ後は、帰りは京急の久里浜駅か浦賀駅、あるいはJR久里浜駅に出て帰ろう。
どちらの駅も始発駅なので、座って帰ることができる。
久里浜までは歩いても、30-40分ほどなので、歩くのもいい。
  

日本発の洋式灯台観音崎灯台。



住友重工業のレンガ造りドック。1860年に咸臨丸が太平洋を横断する前に最後の修理を行ったドックである。

浦賀の燈明台。洋式灯台ができる前の灯台が再現されている。
   


(3) 横須賀製鉄所がつくられた背景

■140年使い続けられる遺産
100年名家、100年老舗という言い方がある。
長く持続することのすごさをたたえた言い方だが、スマホが3年で古くなる時代に、産業施設で140年を超えて、使い続けられるというのは驚きだ。

横須賀港にあるドライドックがつくられたのは1871(明治4)年。まだ多くの庶民が髷を結っている時代につくられたドックが、現役ドックとして船の修理に使われているのだ。この地震の多いくにでである。信じられるだろうか?

なぜここにドライドックが作られたのか、少し歴史をひも解いてみよう。

1853年ペリーが4隻の黒船で来航し、幕府に開国を迫った。幕府は翌年開国するが、その時に圧倒的な軍事力の差を認識し、兵力増強の必要性を悟る。
士族は開国反対をやかましく叫び、攘夷(外国人をやっつけろ)を唱えるが、ひとたび戦火を交えれば敗戦は必須である。刀や火縄銃で大砲に勝てるわけがない。
軍備の増強こそ日本の国を自立させるために不可欠だったのである。

ペリーの来航で、約220年間継続していた大船の建造禁止令を幕府は解くが、独自に大型船を建造する力があるわけではなく、結局、欧米諸国から購入するしかなかった。

1853年以来、幕府や各藩が欧州各国から購入した大型船は94隻。そのために500万ドル近くを費やした。

しかし、あわてて購入したために、満足にチェックもせず、ボロ船を急きょ繕ったものなど悪質なものをつかまされることもあった。

そのため、各藩では購入したはいいけれど、満足に動かなかったり、十分な操船・修理技術もないために持て余し気味というありさまだった。

そんな状況を見かねた小栗上野介は、勘定奉行につくと、国内で技術を育成し、軍艦を独自に建造・修理するという方針を立てる。とはいえ技術はどこにもない。

そこで指導を仰いだのがフランス公使レオン・ロッシュだった。
フランスの軍港ツーロンを模して日本に造船所と軍港を作ってはどうか、との提案を受けて、候補地として選ばれたのが横須賀だった。
  

入り組んだ右の入り江が横須賀港、左が長浦港。横須賀港に右に広がるのが横須賀の街。右の海の中に浮かぶのが猿島。

ヴェルニー公園に建てられた、港に向かって立つ小栗上野介の像。
   


■ペリーがよこした降伏用の白旗
造船所・軍港建設計画は、幕府が新政府に代わっても、殖産興業・富国強兵策として継続される。
しかし、なぜ幕府はそんなに軍拡に急いだのだろうか、理由の一つに、1853年に来航したペリーの仕打ちがあった。

ペリーは、幕府との交渉に際して、開国を勧める米大統領フィルモアの親書とともに、白旗2枚と個人的な書簡を渡しているのだが、その書簡には、

「通商を願い出ているが、もし不承知ならば、国法に従って防戦せよ。必勝は我らにあり、和睦を願うならこの白旗を押し立てるべし。炮を止め艦を退て和睦する」

と記されていたという。
開国せよ、さもなくば攻撃するぞ、という脅しである。

無茶な話だが、当時は、こうした列強の無理がまかり通った。

時代は、艦船の大型化がすすみ、欧米諸国は競うようにアジア、アフリカへ進出して、領土獲得と貿易をめざした。
当時、欧米諸国が決めた国際法「万国公法」によれば、世界の国は3つのカテゴリーに分けられていた。

@「文明国」:欧米諸国。独立した自治権をもち、征服・割譲・開拓などで新たな領土を獲得し、相互に承認することで所有権を確定する権利を有する A「半文明国」:日本などアジア諸国。部分的には承認されるが、不平等条約が「文明国」の主導で結ばれ、拒む場合には武力によって受け入れさせることができる B「未開地」:アフリカ諸国など。「無主の地」(所有者のない土地)とされ、「文明国」が「先占の原則」でそこに植民地を自由に設定できる

とされていたのである。19世紀後半は、欧米の列強が我がもの顔で七つの海を牛耳っていたのである。

ペリー一行の横浜上陸の図。手前のカッターは先頭に白旗を掲げ、白の天幕を張り、白旗を掲げている。他意がないことを自ら手本に示したといわれている(『隠されたペリーの「白旗」』信山社出版)。


(4)遅れてきた国−−フランスの逆転策

■若干25歳の造船技師レオンス・ヴェルニーの起用
フランスにとって、小栗からの造船所建設への支援申し入れは渡りに船だった。
1854年、幕府は日米和親条約を締結した後、イギリス、オランダ、ロシアと和親条約を結ぶが、こうした動きに乗り遅れたのがフランスだった。

そして、58年7月に、幕府は米・蘭・露・英と続けて修好通商条約を締結するが、フランスはこれにも乗り遅れ、通商条約を結ぶのは2か月後のことだった。

しかし、逆にこれがフランスに幸いした。先行する4か国が、居丈高に幕府に開国をせまり難題を持ちかけるなかで、乗り遅れたフランスは幕府に食い込むために、他の4か国への対応法をアドバイスするような協力姿勢で幕府と接するのである。

フランスは、幕府がイギリスの船会社から購入した翔鶴丸の修理にも応じ、幕府から信頼をえたことで、軍港や造船所建設の相談が持ち込まれるようになった。

小栗上野介から本格的な軍港・造船所づくりへの相談を持ちかけられたロッシュらが造船所建設の責任者として推薦したのが、上海で造船の指導をしていた25歳の造船技師レオンス・ヴェルニーだった。ヴェルニー公園、ヴェルニー記念館の名は造船所の首長だった彼の功績を記念して名付けられたものだ。

小栗らの当初の計画では隣の長浦湾に軍港を作る予定だったが、水深が足りないことが分かり、ヴェルニーやロッシュらとの視察で、ツーロンによく似た地形の横須賀に設置することが決められた。

ヴェルニー公園で小栗上野介と並んで立つヴェルニーの像

フランスの軍港ツーロン。横須賀港は、ここをモデルに整備されることになった。
   


■フランス式マネジメントの導入
横須賀にツーロンを模した軍港と造船所を作るために、計画は2段階で進められた。

横須賀で使用する機械類などを整備する製鉄所を、先行して横浜に建設し、同時にフランス語と造船技術者を育成した後に、横須賀製鉄所を建設する。

この計画に従って、1864年に横浜製鉄所を、翌65年に横須賀製鉄所を起工する。
その間、ヴェルニーはフランスに帰国し、必要な技術者を採用し、設備を手配した。

こうして採用され、来日したフランス人技術者は52名、敷地内に造船・修船用のドライドックが作られ、長さ300mの製綱工場などの施設が整備されて、本格的な造船所として稼働し始める。

この横須賀製鉄所には、フランス人技術者が導入されるのに合わせて、フランス式のマネジメントが導入された。

勤務時間が明確に決められ、日曜日を休む週休制が導入され、また、造船技術者を育成するための学校が設置された。後述する浦賀ドックをはじめ、国内各地のドックなどはここの学んだ技術者たちによって作られた。

この工場は、横須賀製鉄所以外の仕事も引き受け、日本の産業近代化にさまざまな貢献をしていくことになる。

明治政府も各国との通商協定の締結で知恵をつけていき、フランスとの通商条約では、横須賀製鉄所をはじめとして具体的な支援をうたうようになっていた。

洋式の近代的な灯台の設置もその一つで、観音崎灯台、野島崎灯台などがフランス人によって設置された。
また、フランス人ポール・ブリューナが首長を務めた富岡製糸場の工場を設計し、機械類を整備するなど、遅れて日本にやってきたフランスが、日本の産業近代化に大きな貢献をするようになったのには、他の国々の高圧的な態度の隙間をついたしたたかなフランスの戦略でもあった。



   


 
≪目次ページへ≪ ≫次ページ(第2章)へ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan