殖産興業・富国強兵――<br> 日本の近代化を支えた生糸貿易と横浜の洋館・建造物・産業遺構                                              
                     
                   
日本の近代化を支えた――
生糸貿易と横浜の洋館
   
   
   
         
   はじめに−−東西文化・情報交流の接点としての横浜
 最初に、横浜の洋館などをご紹介するにあたって、歴史的な流れや背景などを少し。
 いま、横浜についてイメージすることを市外に住んでいる方々に伺ってみると、横浜港、赤レンガ倉庫、山下公園、みなとみらい、中華街、カップヌードル博物館、ランドマークタワー、パシフィコヨコハマ、大さん橋、日本丸、氷川丸・・・などを挙げる方が多いだろう。
 さまざまな施設があり、毎日どこかで何かのイベントが行われていて、たくさんの人が訪れている人気の観光地、というのが平均的なところではないか。さながらテーマパークのような印象を持たれていても不思議はない。
 日本の近代化は横浜から始まった、といっても、残念ながら、ピンとこない人の方が多いかもしれない。
 外国文化をいち早く輸入した町、と聞けば、まず、長崎という答えが返ってくる。江戸時代の末期までは歴史で学ぶが、幕末あたりから日本史の授業は怪しくなる。たいていの学校での日本史の授業は、明治維新の前後で止まってしまうために、このあたりから歴史に登場した横浜の街が果たした役割については学ばずに終わってしまっているのだ。
 明治維新後の日本の歴史をどのようにとらえ、どのように教えるか、極めて微妙な問題になってしまっていることが大きい。

 歴史をどのようにとらえるか、という問題は専門家に任せるとして、実は、横浜こそ、外国文化をいち早く輸入し、国内への情報・文化の発信地となった街であり、同時に、日本の文化・文物を海外に発信した町だということは変わらない。
 そして何よりも、横浜は、その港を通して日本の近代化を進めるための資金獲得に大きく貢献した町なのだ。
 ペリーがやってきて、初めて日本に上陸が許され、幕府との間で和親条約の交渉が行われたのは、横浜開港資料館の前だし、咸臨丸も横浜の港からアメリカに出発しているし、外国人が市民と一緒に市中に住むようになったのも横浜の街、ヘボン式のローマ字をまとめたヘボンが住んだのは横浜・山下町だし、近代的な歯科医が開業したのも、クリーニング店が開業したもの、上下水道ができたのも、ビール工場が日本で初めてできたもの横浜だ。歴史上の日本初が多く横浜で始まっているのだ。
 今では単に近代的な港のある観光地、として知られているが、江戸時代末期以降、西欧文化との接点として、さらに日本が近代化を進めるにあたって、大変に重要な役割を果たした町として、横浜の果たした役割は小さくない。
 横浜の街に多くの洋館が残されているが、西欧の歴史的な建造物、重厚長大なものと少し違った、日本式の洋館の魅力をご紹介していきたい。

 ■生糸貿易が救った日本の開国
 日本の幕府は、安政元(1854)年に日米和親条約を締結し、安政5(1858)年、和親条約を結んだ5カ国の要望に押されてアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、オランダの5カ国と修好通商条約を締結した。そして、翌1859年にそれまでの下田(横浜の開港で閉鎖)、箱館に加えて神奈川・長崎・新潟・兵庫の港を開き、大阪、江戸の市場にアクセスできるようにすることを約束した。

 とはいえ、いっぺんに全部の港を開くことはむずかしい。
 外国船が寄港し、外国人が滞在するためには、港の整備や、大使館や領事館、ホテル・住宅などの確保に加えて、法的な整備も必要である。
このため幕府がとったのが、神奈川と長崎を1年後=安政6(1859)年に開港し、新潟を1860年、兵庫を1863年に開港するという段階的な方法だった。

 当時の日本を取り巻く情勢は非常に厳しかった。
 多くの外国船が日本近海に出没し、アジア各国がそうであったように、日本を植民地化することを虎視眈々と狙っていた。
 そんな厳しい環境の中で、幕府にとっては、何よりも、外国の侵略を防ぐことが焦眉の急であったが、しかし問題は、軍備を進めるにも、そのための資金がないことだった。

 そんな中で、外国からの要望を拒みきれずに横浜港を開港し、交易を許して開港場に商店を開かせて産品を並べたところ、青天の霹靂、なんと生糸が売れることがわかり、幕府は渡りに船と生糸生産・輸出に国の将来をかけることになった。いわば、生糸貿易が外国の侵略から日本を守ったといっても大げさではない。

 こうして幕府は、日本の近代化を進める資金を、生糸の輸出で賄うことになった。そして、この生糸頼みの資金獲得作戦は戦後まで続くことになった。歴史の転換点で、たまたま横浜が最初に貿易港として海外に開かれたために、生糸貿易は横浜を舞台に繰り広げられた。
 生糸貿易がいかに国の発展を支えたか、横浜に残る生糸貿易にまつわる洋館・建造物、つわものたちの夢の跡を訪ねてみる。
 

 
  日本の近代化と横浜の洋館
     
横浜開港記念館。ジャックの塔の愛称で知られる


 ■横浜に行けば生糸が高く売れる/安く買える
 幕府は、前年に締結した修好通商条約に従い、神奈川と称して小さな漁村だった横浜を整備し、港と小さなふ頭を用意した。安政6(1859)年6月2日(旧暦では7月1日)に開港し、外国人が市中に住むことを許し、許可なく移動できる範囲を、多摩川から南、横浜から十里(約39km)以内と制限した。
 当時の横浜の状況は、現在の横浜駅東口から桜木町の間は海の中で、桜木町と元町の間は海の中にわずかに砂州があるにすぎない状態だった。その砂州を整備し、開港場として港を作り、日本人用の商店街(桜木町−日本大通り)と、外国人用の居留地(山下町:シルクセンター−元町))を作った。
 開港日にはさっそく複数の船がやってきて、取引が始まった。安政元(1854)年の和親条約締結以来、日本に住んで日本人の生活を見ていた外国人たちのなかには、一獲千金を夢見た商人も多く、喉から手が出るほど商売に飢えていた。
       
図表1 明治期の横浜港の輸出入金額推移
図表1 明治期の横浜港での輸出入金額推移。神戸・新潟などの開港後も横浜港の扱い高は右肩上がりで、日本全体の60〜70パーセントを占めていたことが分かる。日本の近代化のための外貨を横浜港の輸出で稼いでいたことが分かる。

 図表1は、横浜港での明治元年〜41年の輸出入額の変化である。
 赤が輸出を示すが、乾いているところに水を飲ませるように、開港するや否や、生糸が飛ぶように売れ、取引はうなぎ上りに増えて行った。
 当初、開かれたのが横浜港だけで、江戸に近いこともあって多くの外国商人が横浜にやってきた。そして、横浜で生糸が手に入ることを知ると、ますます横浜に集中した。
 この勢いは、他の港が順次開港しても変わらない。横浜は常に日本の輸出入を最も多く扱う港だった。最初に開港したことにより、日本全国から横浜に物資が集まるような仕組みが出来上がっていて、外国人にとっても便利だったためだろう

 東北、信越、上州の生糸産地から江戸に船で運ばれた生糸を、江戸で川船から海洋船に積み替えてそのまま横浜に運ぶことができた。水運を軸に横浜に集まりやすかったことも大きな利点であった。
 外国人商人にとっては「横浜に行けば生糸が安く買える」、国内の商人にとっては「横浜に行けば生糸が高く売れる」が合言葉となって、いちやく、横浜が世界から注目される生糸取引のメッカになった。
 その中心になったのが図表2に見るように生糸と蚕種だった。

           
図表2 横浜港での主要輸出商品の比率
図表2 横浜港で輸出される荷物の内容。開港当初は、お茶と生糸が2大商品とされていたが、横浜では常に生糸が輸出の60%ほどを占めていて、日本から輸出される生糸はほぼ横浜を経由していた。

 ■美濃から横浜へ、生糸を売りに
「中津川の商人、萬屋安兵衛、手代嘉吉、同じ町の大和屋李助、これらの人たちが生糸売込みに眼をつけ、開港後まだ間もない横浜へとこころざして、美濃を出発してきたのはやがて安政六年の十月を迎えた頃である。・・・」
 これは、「木曽路はすべて山の中である。」で始まる島崎藤村「夜明け前」の第1部第4章の書き出しである。(この作品は、著作権が消滅した作品を紹介している 青空文庫「夜明け前 第1部上」に収録されている。mobileでも読めるようになっているので、一読をお勧めしたい。)

 『夜明け前』は、幕末から明治にかけての動乱期に生きた、木曽・馬籠本陣の跡継ぎ青木半蔵の半生を歴史とともに描いたもの長編小説だが、第4章は、中津川の商人が物見高い老医者宮川寛齋らを伴って横浜の生糸売買の様子を見に行くところから始まる。
 これを読んで驚くのは、木曽の山の中・馬籠の商人でさえ、なんと、安政6(1859)年7月1日の開港後、わずか3か月という時期に、横浜に生糸を売り込みに行こうとしていることである。この情報伝達の速さ、行動の速さ、生糸が売れるなら私も売り込みに行きたい、と出かけてしまう野次馬精神、機動力。これこそ、日本人の特性であり、近代化を急速に進めたエンジンといってもいい。

 中津川から江戸に行くには、馬籠峠を越えて木曽路に入り、中山道を通って塩尻−軽井沢−高崎−板橋と経て江戸に入る。距離は85里(約340km)、山道で10日を越える行程である。
 その意欲たるや尋常ではない。
 藤村も、「中津川から神奈川まで百里に近い道を馬の背で生糸の材料を運ぶということは容易ではない」と書いている。
 この時代にはまだ、塩尻から甲府・大月へと出て八王子に回り横浜にくるという選択肢はない。甲州街道はあったが、標高千メートルを越える笹子峠の難所を越えるのが容易ではなかったのだ。
 安兵衛一行は、いったん江戸の定宿に入り、その宿の主人の案内で横浜の牡丹屋なる宿に止宿する。中津川から江戸に至る中山道の約85里、340kmの距離を、10日くらいで歩いた。まだ横浜に居留地も宿もない開港直後のことである。

 ■神奈川宿と横浜
当時の横浜がどんな状況だったのか、もう少し『夜明け前』で見てみよう。
  
「あるところは半農半漁の村民を移住させた街であり、ある所は運上所を中心に掘っ建て小屋の並んだ新開の一区画であり、あるところは埋め立てと縄張りの始まったばかりのような畑と田圃の中である」。
 横浜港を開くと、江戸に近い便利さから、外国の領事館員や商人たちが押し寄せてきた。しかし、十分に住む場所が確保されているとは言い難かった。
 下田から移った各国の領事館員たちは
  
「さみしい横浜よりもにぎやかな東海道筋をよろこび、いったん仮寓を定めた神奈川台町(横浜駅西口の高台)近くの本覚寺や他の寺から動こうとしない。   
神奈川在留の西洋人は諸国領事から書記まで入れて、およそ四十人は来ていることがわかった。・・・二十戸ばかりの異人屋敷、最初の居留地とは名ばかりのように隔離した一区画が神奈川台の上にある」。
 まだ、港に居留地が作られていないために、外国人たちは神奈川宿の中で料理屋などが並ぶ神奈川台町に住んでいた。
  
「黒い関門の木戸を通って、横浜道へ向かった。番所のあるところから野毛山の下に出るには、内浦に沿うて岸を一廻りせねばならぬ。程ヶ谷からの道がそこに続いてきている。野毛には奉行の屋敷があり、越前の陣屋もある。そこから野毛橋を渡り。土手通りを過ぎて、仮の吉田橋から関内に入った」。
 港を作って外国人が入国してくると、攘夷を武士や暴漢から外国人を守るために関門が設けられた。
 開港場に外人用の居留地を作る予定だったが間に合わないので、外国人を集めて神奈川台町の一角に住まわせた。そして、暴漢が入れないように東西に関門を作った。
 それが「黒い関門の木戸」であり、番所を置いて見張りが付いた。
 藤村が書いているこのコース、横浜を開港するにあたって東海道から横浜に至る幕府が作った道だが、今風に言えば、神奈川台町(高島台)から東海道を浅間下したまで行き、平沼−野毛−関内と辿る5km、歩けば1時間の道のりである。>br>、
 ■ジャーディンに仰天価格で直接販売
 1859年の横浜開港と同時に、いち早く日本にやってきた商人たちの中に、後に、ジャーディン・マセソン商会の日本支社を開設するウイリアム・ケズウィックがいた。  『夜明け前』で藤村がケウスキイと書いているその人である。
  
「(神奈川台町)に住む英国人で、ケウスキイという男は、横浜の海岸通りに新しい商館でも建てられるまで神奈川に仮住居するという貿易商であった。・・・(中津川から様子見に来た萬屋)安兵衛らの持って行って見せた生糸の見本はケウスキイを驚かした。これほど立派な品なら何程でも買うと言うらしいが・・・糸目百匁あれば、一両で引き取ろう」
 というのを聞いて、今度は安兵衛らが驚いた。
 見本のつもりで持ってきた生糸は、1個(9貫33.75kg)につき130両で売れた。約70匁で1両、1斤(160匁=600g)が2.29両である。v  当時、諏訪の取引相場は1斤が1.45両で、1個売っても82両にしかならない。1個が130両で売れるとは破格の値段である。
 これを知った安兵衛らはあわてて国元に帰り、生糸を買い集める。
 そして、翌年の4月、萬屋安兵衛が手代の嘉吉を連れてやってくる。
 神奈川台の異人屋敷で商談を行い、糸目64匁につき、金1両で取引はまとまった。1斤で換算すると2.50両。1個で140両と取引価格はさらに値上がりしていた。
 横浜の開港で、国内の生糸相場も高騰した。
 こうして、生糸はあちこちから横浜に集まり、生糸輸出を独占していた横浜港は大きく発展することになる。時代の変化に呼応するように、生糸を軸にして横浜を震源地に社会が大きく動きだしていく。

 ■生糸・絹は有史以来日本の繊維産業の柱
 それまで米本位制で進んでいた江戸時代から続く社会が、御一新のかけ言葉とともに開国し、外国人という別世界の人間が日本にやってきて、お互いに求めるものを直接交換することで、貨幣が動くのを目の当たりにした人たちが、どんどんその取引にのめり混んでいく。そのダイナミズムは、日本人がもともと持っていた好奇心、野次馬根性、さらにいえば、根源的な生命の力といってもいいかもしれない。
 その生命力が生糸の取引という新しい祭りに発揮されたといえよう。

 外国人商人は、開港場で生糸を求めるだけでなく、蚕種を購入した。日本人商人が、最初から蚕種が売れるなどと考えていたわけではない。生糸でさえ、売れて初めて需要があると分かったのだから、生糸を購入する際に、外国人商人から「蚕種はないか?」と求められたのであろう。それに答えて誰かが蚕種を取り寄せて渡した。
 「私にも同じものはないか?」という声が相次いで、商売になると知った日本の商人が蚕種を開港場にもってくるようになった、とそんなところであろう。

 うわさや情報が伝播する速さ、それに応えて即座に行動するスピード感、ダイナミックさ、維新後に来日した多くのお雇い外国人が、「日本人は好奇心旺盛で、すぐに野次馬が集まり遠巻きに見ている」と書いているが、もともとそうした好奇心旺盛、お祭り好きは日本人に備わった性向でもあったのだろう。

 蚕種というのは、カイコの孵化前の卵である。
 当時フランス・イタリアでは、カイコの幼虫が大量死滅する微粒子病が発生していて、養蚕農家に蚕種がいきわたらず、絹製品が供給不足になっていた。
 そんな時、日本では、山中の風穴から吹き出る冷風を利用して夏の暑い間、蚕種を保存する方法が開発されており、生糸とともに、蚕種を植え付けた和紙が横浜に持ち込まれたのであろう。
 代表的な風穴に、荒船風穴、星尾風穴などがあり、荒船風穴は2014年6月ユネスコが世界文化遺産として登録した「富岡製糸場と絹産業遺産群」の一つに指定されている。蚕種紙にご興味のある方は、蚕種紙、蚕紙で検索してみてください。

 ■養蚕製糸業は神代の時代からの伝統産業
 こう書いてくると、明治時代になって初めて生糸が産業として大きく成長したように思われるかもしれないが、そうではない。
 生糸を生み出すカイコを育て、繭を取って糸にする技術は、神代の時代から伝承され、続いてきた日本の伝統的な営みだといわれている。
 羊毛もなく、繊維向きの綿花ができない日本では、繊維、つまり衣服の原料となる素材は生糸・絹しかなく、養蚕製糸業は、有史以来、常に米、に次いで大きな生産額を誇ってきた日本の伝統産業なのである。
 しかもその産業を担ってきたのは農家の副業としての養蚕であり、できた繭を糸繰器で紡ぐ座繰り、繊維を織る機織りの作業だった。

 特に明治以降、各地で養蚕の研究がすすめられ、さまざまな技法が開発されて日本の養蚕技術は高く評価されるようになるが、その一端が見られるのが、世界文化遺産に選定された「富岡製糸場と絹産業遺産群」である
。中でも、荒船風穴、高山社や田島弥平宅は、伝統的な養蚕技術の開発・改良に大きな貢献をした施設である。
 こうした伝統の中で、開港と同時に生糸が売れるようになり、その流れは戦後まで続いた。当初は、生糸を輸出しても、絹織物は輸入するという状況が続いた。生糸から繊維にする工程、その機械化が遅れていたのである。
 図表3は、明治33(1900)年の日本における繊維紡績産業の生産額を素材別に見たものである。
 輸出入がオープンになって綿花が輸入され、安価な素材として綿産業が大きく伸びてきたとはいえ、まだ、繊維産業の半分以上を生糸・絹が占めていたのである。

 ■横浜の洋館
   大政奉還が行われて明治政府の時代になると、外国人の国内移動も自由になり、科学技術の導入と近代化に専門家が雇われて全国で活躍するようになる。彼らのためにあちこちで洋館が作られるようになり、横浜の街並みが変わっていく。
 横浜は、これまで2度、大きな災害に見舞われ、街並みが全壊してしまっている。1度目は大正12(1923)年9月1日の関東大震災、そして2度目は第二次大戦中の米爆撃機による25回の空襲である。

 そのため、明治期に作られた洋館は、2,3が残されているに過ぎない。現存する多くの洋館はほとんどが関東大震災以降にたてられたものである。
 どのビルも生糸の輸出全盛時代に、縦横に活躍した商人たちが建てたもので、建造物としても技術的にも当時の最新の工法を採用したユニークなものが多く、また意匠的にも見事に個性を主張していて、興味深いものばかりである。
 歴史や技術の背景などを想像しながら見て頂ければ、世界を相手に奮闘した先人の思いや意気込みの一端をご理解いただけるのではないかと思う。

*ビル名について:一般に、建物は所有者が変わると、名称が変更されます。本稿では、その建築物が建設された時の名称、あるいは、一般的に知られている名称でご紹介し、歴史的名称や、現在名、一般的な名称は( )内に記載することにします。  例:旧横浜正金銀行(神奈川県立歴史博物館)」
               
 
明治33年(1900年)の日本の繊維産業の素材別の生産額。生糸・絹が半分以上を占めている。
 
荒船風穴。群馬県下仁田町の荒船山(1422m)の山中にある。冬の間の風雪の冷気が地中に浸み込み、岩の間の風穴を通って四季を通じて3-5℃の冷気が噴き出してくる。天然の冷蔵庫として蚕種の保存に使われた。



       
≪洋館・建造物・産業遺構-索引ページへ≪
次ページ「初代横浜駅(桜木町駅)」へ≫
   





Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan