ものづくり日本の心

<ものづくり 日本の心>
日本のものづくりは
世界の財産である




明治維新以来、わたしたちは西洋の科学技術に学び、取り入れて
他のどこにもない、高い精度のものづくりを構築してきました。
その背景には、自然に対する思いや美意識、労働観、
作ることへの強い関心など、独自の文化や価値観が、
私たちの魂の中に「通奏低音」のごとく流れていて、
それが、小さな工夫と改善を続け、コンパクトで高品質、
壊れないものを生み出す基盤になっているように思います。
その意味で、日本のものづくりは、
日本の伝統文化に西洋の科学技術や合理性が融合されて生まれた、
世界でもオンリーワンの文化、人類の財産といってもいいでしょう。
なぜ私たちはそんなものづくりをするようになったのか、
その背景を探ってみましょう。



  <目 次>

次のページ(序章)へ
   

●全文を通して読む場合は こちら にあります。


■以下の記事もお目通しいただけるとうれしいです。


  




Copyright(C)  2018, Fumihiko KAJI. Japan
アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター